あだち充が残したキャリア集大成的作品『H2』 古賀春華が物語の中心から外れていった理由とは?

あだち充が残したキャリア集大成的作品『H2』 古賀春華が物語の中心から外れていった理由とは?

 あだち漫画の集大成との評判も高い『H2』。ヒーロー二人とヒロイン二人が織りなす青春を描いたラブコメ野球漫画である。あだち漫画には、今もなお漫画史上最強のヒロインとして君臨する浅倉南をはじめ、魅力的なヒロインが登場するが、今作のヒロイン、雨宮ひかりと古賀春華もまた然り。リアルタイムで読んでいた読者、そしてあとから単行本で読んだ読者は最終的にこの二人の恋の行方がどうなるのか、ヤキモキしながら見ていたことだろう。ちなみに筆者は昔も今も古賀春華推しである。いま改めて読み返してみると、これがもうどうしようもないくらいカワイイ! 社長令嬢でルックスも良くて頭もいい。性格もオープンで裏表もない。そして好きな人にはとことん尽くすタイプだけど、男をみる目がなくてドジっ子と、たぶん六本木あたりのキャバクラで働いたら、おっさんたちの心を鷲掴みにして嬢王になれること間違いなしだろう。

 そんな春華は高校で出会った主人公・国見比呂に恋をして、一緒に甲子園への夢を追って走っていくわけだが、比呂に対する真っ直ぐな思いはなかなか身を結ばず、距離感が縮んではまた離れを繰り返していくことになる。物語の後半で起こった事件を機に、ついに比呂の口から「I love you」と告げられ(ここはH2屈指の名シーンの1つ)、ついに春華の思いも成就したかと思いきや、なぜかここから話はひかりを巡る比呂と橘英雄の三角関係が本格化。春華は一気に蚊帳の外になり、展開からも完全に置いてきぼり。すべての決着がついた瞬間、比呂の姿を見て呟いた春華のひと言があまりにも的外れすぎて、見ているこっちが切なくなったものだ。

春華はなぜ物語の中心から外れていったのか?

 春華はなぜ最後に物語の中心から外されていったのか? どうしてほかの三人の”H”と差がついてしまったのか。そこには”本気の恋”をしていたのかどうかが、大きく影響しているように思える。主人公の比呂は中2のときに幼なじみのひかりに恋心を抱いていた。ひかりも同じタイミングで比呂を異性として意識していたが、もうそれ以前に英雄に対して恋をしていた。英雄も含めた三人はそれぞれと向き合い、その人間自体に恋をしていた。それぞれの気持ちが痛いほど理解できるからこそ、それぞれ悩み、苦しみ、それぞれの恋に決着をつけようとしていた。それに対して春華は比呂自身というより「野球選手の国見比呂」に恋している部分が大きいのではないだろうか? 

 「高校野球ファン」を自称し、高校球児に憧れを持っていたことは明らかで、ならばなぜ野球部のない高校に進学したのかというツッコミも入れたくなるが、そのドジっ子属性のおかげで偶然、とてつもない才能を持った比呂という球児と出会ってしまう。目の前に自分の夢を叶えてくれる才能を持った男がいたら、なおかつそれなりに見た目もいいし、性格も悪くないときたら、なびかないわけがない。そこから時間をかけて築いてきた関係性で比呂という人間そのものに好意をもっていったことは理解できるが、それでもふと思ってしまうことがある。もしひかりが比呂を選んでいたとしたら、もし比呂が野球を辞めても、なにをやっていても比呂のことを愛し続けたと思う。だが、比呂がなにかの事情で野球を辞めたとしたら、そのときに春華は比呂のそばにいるだろうか?

 春華は将来の道を聞かれたときにスチュワーデスか女優と答える。理由はプロ野球選手の妻に多い職業だからと言っていた。最初に読んでいたとき、比呂がプロ野球選手になるから、そのときに妻としてふさわしい職業につきたいのかと考えていたが、改めて読み返したとき、プロ野球選手=比呂ではないということに気付いてしまった。春華がなりたいのは”プロ野球選手の妻”であり、国見比呂の妻ではないのだ。比呂としても春華のことを意識しながらなかなかそれ以上の関係になれなかったところには、おそらくそんな”恋に恋している”春華に、どこかで気付いていたからではないだろうか? 

 比呂が春華に「I love you」と言った気持ちに偽りはないだろう。ただ春華の姿を見て、春華を思う自分の気持ちを確認したときに、ひかりに対しての本当の気持ち、ひかりの気持ちを確信してしまったのだろう。そうなってしまうとかわいそうだが春華がその先へ踏み込んでいくことはできない。比呂の本当の思いを知ることもなく(おそらく知ろうともせず)、野球選手・国見比呂を見守り続ける春華の姿には切なくなった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる