> THE BOOM

THE BOOM

(ザ・ブーム)

宮沢和史(vo)、小林孝至(g)、山川浩正(b)、栃木孝夫(dr)という不動のメンバーから成る、すでに10年以上のキャリアをもつロック・バンド。89年のデビュー以来、彼らは次から次へとあらゆる音楽ジャンルに挑戦し変化を繰り返し、そしてあらゆるスタイルにおいて数々のヒット作/名作を残していった。例えば、1stアルバム『A PEACETIME BOOM』におけるビート・ロック、一大出世作「島唄」で聴ける沖縄民族音楽、94年のアルバム『極東サンバ』でフィーチャーされるラテン・ミュージックetc……。こうして良質なポップ・バンドとして順調にキャリアを積み、大御所の風格すら漂わせつつあった彼ら。がしかし、その本質は(音楽的には違えど)意外なまでにロック・スピリットであふれていた。それを証明してみせたのが、95年発表のシングル「手紙」だろう。ゆる〜い予定調和に満ちたJポップ・シーンを痛烈に揶揄したこの爆裂ポエトリー・リーディング・ソングは、硬派なロック・ファンをも震撼させたのであった。カッコよすぎ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版