>  >  >  > ASIAN KUNG-FU GENERATIONの情報

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの情報

(アジアン・カンフー・ジェネレーション)

新世代のエモーションを激しくかき鳴らす4人組ロック・バンド。メンバーは、喜多建介(g&vo)、後藤正文(vo&g)、山田貴洋(b&vo)、伊地知潔(dr)。
96年に大学の音楽サークルにて結成。地元・横浜を中心にライヴを開始し、01年からは渋谷や下北沢、吉祥寺まで活動範囲を拡大する。轟音とグッド・メロディによる詩情に満ち溢れたギター・ロックが多くのファンを虜にし、02年に<UNDER FLOWER RECORDS>より発表された初のミニ・アルバム『崩壊アンプリファー』は各インディーズ・チャートで好成績を記録。そして03年4月、『崩壊アンプリファー』が<キューンレコード>より異例の再リリースを果たす。11月には1stアルバム『君繋ファイブエム』をドロップ、絶賛をもって迎えられた。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの記事
フォーリミ主催『YON FES』が浮き彫りにした、ロックシーンの今
ポルノ、アジカン、『のだめ』……NAOTOが生みだした、“ポップス”としてのバイオリンの楽しみ方
アジカントリビュート、清木場俊介、amazarashiなどにみる言葉と音楽の奥深い関係
アジカン、ウルフルズ、ペトロールズ……トリビュート&カバー盤が映すグループの本質と時代性
ASIAN KUNG-FU GENERATION、『夜は短し歩けよ乙女』主題歌シングル&BOXセット発売
ASIAN KUNG-FU GENERATION、映画『夜は短し歩けよ乙女』主題歌「荒野を歩け」を公開
ASIAN KUNG-FU GENERATIONトリビュート盤にKANA-BOON、フォーリミ、ネバヤンら12組
ASIAN KUNG-FU GENERATION「ループ&ループ」新録版に谷口鮪&田邊駿一が参加 JFL5局で独占OA
くるり、BUMP、アジカン……それぞれのアニバーサリーイヤーの動き
『RockCorps』が提唱する、音楽と社会貢献の新たな結びつき プロジェクト創設者インタビュー
NEWSの新曲はアイドルソングの王道を行く? 7月13日発売の注目新譜5選
イベント『RockCorps』、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの出演決定
ASIAN KUNG-FU GENERATION、『NARUTO』新OP曲シングルリリース決定 年末にはアリーナツアーも開催へ
『KESEN ROCK FESTIVAL’16』第2弾出演アーティスト発表 BRAHMAN、アジカン、スカパラら計7組
アジカン、約13年ぶりアニメ『NARUTO』主題歌担当 後藤正文「断る理由が見当たりません」
アジカン、チャットらライブをハイレゾ音源で 全国家電店『Hi-Res ROCK FES 2016』開催
ASIAN KUNG-FU GENERATION、新シングルジャケットで中村佑介氏のイラストが復活
ASIAN KUNG-FU GENERATION、新録「Re:Re:」がアニメ『僕だけがいない街』OP曲に決定
ASIAN KUNG-FU GENERATION、新MV公開 行定勲監督が映画『ピンクとグレー』のアナザーストーリー描く
スピッツ、トリビュートアルバム詳細発表 「グラスホッパー」をアジカン、「ルナルナ」を金爆鬼龍院がカバー
ASIAN KUNG-FU GENERATIONが舞台演出で表現した、“驚くべき未来”へのメッセージ
チャットモンチー、地元・徳島での主催フェスにアジカン、ベボベ、レキシ、四星球、モンパチ、小籔千豊が出演
Mr.Childrenの対バンツアーに期待すること 枯れることのない“未完の大器”はどこに向かう?
スピッツ、『ハチミツ』20周年トリビュートアルバム発表 アジカン、クリープ、金爆・鬼龍院ら参加
日本人は「演歌のリズム感」から脱却したか? コンサートの手拍子について考えた
アジカン&PHONO TONESのドラマー、伊地知潔の縦横自在なドラムプレイを分析
ASIAN KUNG-FU GENERATION、『Wonder Future』ツアーで建築家の光嶋裕介氏とコラボ
アジカン・後藤正文が提示する“強い表現”とは? 「殴り合ったりするとかじゃなくて、幸いにも俺たちにはペンがある」
アジカン、アルバムラスト曲のMV公開 壮大でドラマチックな映像作品に
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版