KICK THE CAN CREWの記事一覧

(28件)

強面のBボーイ連中とは一線を画するヒップホップ・グループ、キック・ザ・カン・クルー。ナチュラルな佇まいがイカす3人組だ。シンクロ可能な等身大リリック、シンプル&スマートなバックトラックは誰の耳にもスンナリ届くであろう。彼らの音楽が想起させる世界は、ナイト・カルチャーにおける青春そのもの。初めてクラブというものに行ったときのアノ感覚がフラッシュバックするに違いない。すなわち、リビドー渦巻くダンスフロア、腰にクる重低音スピーカー、そしてアルコールによる酩酊……が一体となった実にシアワセな高揚感である。
01年末、山下達郎の定番曲のラップ・ヴァージョン「クリスマス・イブRap」で、オーヴァー・グラウンドでの成功を手中に。そして、02年にはメジャー初のアルバム『VITALIZER』をドロップ。同年末には紅白歌合戦への出場まで果たしてしまう。03年に入ってからも、6ヶ月連続リリースなどその創作意欲と勢いはとどまることを知らず、ヒップホップの型にヘンに縛られないスーパーオリジナルなサウンド/スタンスで聴く者を元気づけるようなポジティヴ・ヴァイブスを振りまいている。
『TOUR 2004 GOOD MUSIC』の6月のツアー・ファイナルをもって、グループとしての活動を一旦休止。3人それぞれがソロ活動をスタートさせることが発表された。

『JUDGE EYES』にも出演、MCUが語る“ゲームコレクターの矜持”「モノで“かさばりたい”」

『JUDGE EYES』にも出演、MCUが語る“ゲームコレクターの矜持”「モノで“かさばりたい”」

12月6日・13日放送の『プレイステーション presents ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』(TBSラジオ)に、…