吉澤嘉代子の記事一覧

(54件)

埼玉県出身のシンガーソングライター。父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞・作曲をはじめる。2010年1月、ヤマハが主催する音楽コンテスト『The 4th Music Revolution JAPAN FINAL』に出場。近現代の文学作品に影響を受けた詞、歌謡曲特有の哀愁と80年代のポップスを融合させた楽曲が評価され、グランプリとオーディエンス賞を受賞。翌年『MINAMI WHEEL2012』に初出場、一躍知名度を上げる。2013年6月、石崎光(cafelon)、おおはた雄一、伊藤大地(SAKEROCK)などのミュージシャンが参加した1stミニアルバム『魔女図鑑』でインディーズデビューを果たす。そのリリースに際しYouTubeにて公開した、黒服を身にまとった吉澤自身が収録曲の詞が書かれたスケッチブックをひたすらめくるリリックビデオが話題となる。同年10月、『シブカル祭。2013』に参加し、詩人の文月悠光と共にコラボパフォーマンスを披露。同年11月にはhibuya duo MUSIC EXCHANGEにて、1stワンマンライヴ『吉澤嘉代子 ファーストワンマンショウ ~夢で逢えたってしょうがないでSHOW~』を開催。

いきものがかり 水野良樹、KREVAや堀込高樹ら14人と「うた」と「ことば」を語る

いきものがかり 水野良樹、KREVAや堀込高樹ら14人と「うた」と「ことば」を語る

いきものがかりのリーダー・水野良樹が「聞き手」となり、14人の音楽家・表現者と語りあってきた対話シリーズ『うた/ことばラボ~「う…

サポートミュージシャンが広げる可能性:高井息吹、吉澤嘉代子ら作品でも発揮される君島大空の手腕

サポートミュージシャンが広げる可能性:高井息吹、吉澤嘉代子ら作品でも発揮される君島大空の手腕

今年も数多くの才能ある若手アーティストが音楽シーンに台頭してきたが、男性ソロアーティストの中でとりわけ印象的だったのが、君島大空…