サポートミュージシャンが広げる可能性:高井息吹、吉澤嘉代子ら作品でも発揮される君島大空の手腕

 今年も数多くの才能ある若手アーティストが音楽シーンに台頭してきたが、男性ソロアーティストの中でとりわけ印象的だったのが、君島大空の存在だ。3月にリリースされた初音源となるEP『午後の反射光』では、歌とギターをはじめとするほぼすべての楽器、プログラミング、録音、ミックスまでを自ら手掛け、繊細かつドラマチック、幽玄でありながらエモーショナルな独自のサウンドスケープを展開し、その名前を知らしめた。

君島大空『午後の反射光』

 7月にはシングル『散瞳 / 花曇』を発表し、EPとシングルの両方に参加したドラマーの石若駿を含む合奏(バンド)形態でフジロックの「ROOKIE A GO-GO」に出演。また、ハイスイノナサ/Siraphの照井順政がプロデュースを担当し、楽曲の音楽的なクオリティの高さで注目を集めるアイドルsora tob sakanaに作詞・作曲・編曲を手掛けた「消えない呪文」を提供したり、9月には以前から君島にラブコールを送っていた崎山蒼志のシングル「潜水」のサウンドプロデュースを担当し、サイケデリックな世界観を披露するなど、多彩な活動が目立っていた。

 そんな君島の注目すべき点として、数多くの女性シンガーソングライターの作品やライブに関わっていることが挙げられる。その原点とも言うべきが、CMソングの歌唱などで知られる高井息吹が2017年12月に発表したアルバム『世界の秘密』。個人的にも、君島の名前をはっきりと認識したのはこの作品が最初だった。君島は彼女のサポートバンド・眠る星座のメンバーであり、アルバムではギター演奏はもちろん、コーラスからプログラミング、トラックメイクまでを担当して、高揚感と安堵感の同居する作風に大きく貢献。楽曲の軸となるのはあくまで高井の歌声とピアノだが、性差を超越し、光と闇を同時に描き出すような雰囲気は、君島自身の作品とも間違いなくリンクしている。なお、眠る星座のベーシストがKing Gnuの新井和輝であり、彼は君島の合奏のメンバーでもある。

 もう一枚、君島がギターで全面的に参加しているのが、元HAPPY BIRTHDAYの坂口喜咲が昨年6月に発表したアルバム『あなたはやさしかった』。君島は彼女のサポートバンド・シーパラダイスの皆さんのメンバーでもあり、今年9月に配信リリースされたシングル「犬と苺」にも参加。この曲のMVでは、サングラスをかけた、普段のイメージとは異なる君島の存在を確認できる。12月には「坂口喜咲とシーパラダイスの皆さん」としてのワンマンライブも予定されているが、このバンドのベーシストがKIの闇日本5000で、KIのドラマーのナイーブと石若が盟友関係にあるなど、周辺人脈の繋がりも面白い。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!