[Alexandros]、吉澤嘉代子……音楽と映像作品が生み出すケミストリー 最新作をレビュー

 [Alexandros]の「rooftop」から生まれた岩井俊二監督のショートムービー『夢で会えても』、アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズンディングテーマとして制作された神はサイコロを振らないの新曲「未来永劫」など4作品を紹介。音楽と映像作品が生み出す刺激的なケミストリーを堪能してほしい。

[Alexandros]『Where’s My History?』

 [Alexandros]から10周年の締めくくりとなるベストアルバム『Where’s My History?』が届けられた。「ワタリドリ」(映画『明烏 あけがらす』主題歌)、「Dracula La」(ドラマ『女くどき飯』主題歌)、「Girl A」(ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』オープニング曲)「Mosquito Bite」(映画『BLEACH 死神代行篇』主題歌)など映像作品との関りの多い彼ら。岩井俊二監督とのコラボレーションが実現した「rooftop」も大きな話題を集めている。LINE NEWS VISIONで公開された ショートムービー『夢で会えても』は、岩井監督が「rooftop」にインスパイアされた脚本を書き下ろし、映像化した作品。アコギ、ピアノを中心としたオーガニックな音像と〈When the world comes back/また会えるように〉という切実な願いが込められた歌詞、そして、緊急事態宣言下のもと、大切な人との関係性を描いた映像が一つになった本作は、先が見通せない世界を希望の光で照らし出している。言葉、サウンド、映像の融合から生まれた、豊かで前向きなメッセージをぜひ享受してほしい。

[Alexandros] – Best Album「Where’s My History?」(Teaser vol.3)
吉澤嘉代子『赤星青星』(通常盤)
吉澤嘉代子『赤星青星』(通常盤)

 前作『女優姉妹』以来、2年4カ月ぶりとなる吉澤嘉代子のニューアルバム『赤星青星』には、シングル「サービスエリア」、配信リリースされた「刺繍」「鬼」など10曲を収録。「違う星に生まれた二人が出会う“10の物語”」をコンセプトに、映像喚起力と繊細なストーリーを共存さしせた歌、そして、ゴンドウトモヒコ、野村陽一郎、sugarbeansなどのアレンジによる先鋭的なポップセンスを堪能できる。「刺繍」は、ドラマ『おじさまと猫』(テレビ東京/Paravi)オープニングテーマ。最後の瞬間に初めて気づく“運命の貴方”への想いを繊細なメロディとともに映し出す、儚くも尊いミディアムチューンだ。フラジャイルな手触りと大らかなスケールを同時に感じさせる編曲は、君島大空が担当。石若駿(Dr)、越智俊介(Ba)による独特の“揺れ”を感じさせるリズムセクションも、彼女の感情豊かなボーカルと見事に共鳴している。 

吉澤嘉代子「刺繍」MUSIC VIDEO

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる