くるり~誰が私と恋をした?~の記事・ニュース・画像一覧

(45件)

■『くるり~誰が私と恋をした?~』あらすじ
生見愛瑠がGP帯の連続ドラマ初主演を務めるラブコメミステリー。人に嫌われないよう、自分自身の素を見せず、悪目立ちしないように生きてきた主人公・緒方まことが、ある事故で記憶喪失になり、手元に残された男性用の指輪を手掛かりに“恋の相手”と“本当の自分”を探していく。

■放送情報
火曜ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』
初回放送日:2024年4月9日(火)
出演:生見愛瑠瀬戸康史神尾楓珠宮世琉弥丸山礼肥後克広(ダチョウ俱楽部)、片平なぎさ
脚本:吉澤智子
演出:松木彩
プロデューサー:八木亜未
©︎TBS

生見&宮世『くる恋』出演を振り返る

生見愛瑠&宮世琉弥、『くる恋』出演を振り返る 瀬戸康史、神尾楓珠らの学生服姿も公開

6月18日に最終回を迎えたTBS火曜ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』。主演を務めた生見愛瑠、共演の宮世琉弥が相次いで公式X…

“胡散臭い役”がハマる俳優の魅力とは?

“胡散臭い役”がハマる? 荒川良々、沢村一樹、山本耕史らの巧妙な演技力

主人公の近くにいて、なんだか裏がありそうな気になる存在感を発揮する人物が今シーズンのドラマでも活躍中だ。  まずは最終話を目前…

『くる恋』心を引き裂かれる究極の選択

瀬戸康史×宮世琉弥の繊細な“切なさ”の対比 『くる恋』究極の選択に心を引き裂かれる

記憶をなくす前に好きだった人と今好きだった人が違ったとしたら、それは心が引き裂かれるような苦しみではないだろうか。過去の自分と今…

『くる恋』全てがひっくり返る衝撃展開

『くる恋』全てが“くるり”とひっくり返る衝撃的な展開  まことが思い出した非情な真実

人間不信になるかと思った。火曜ドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』(TBS系)第9話を観て、素直にそんな感想を抱いた。それほど…

『くる恋』朝日の嘘が明らかに

『くる恋』朝日が隠し続けてきた嘘が明らかに 真実を吐露する神尾楓珠の演技が見せ場に

嘘は、いつか必ず明らかになるもの。たとえ善意から生まれた嘘であっても、真実を隠し続けることは難しい。ドラマ『くるり~誰が私と恋を…

『くる恋』瀬戸康史の大人のカッコよさ

『くる恋』瀬戸康史の大人のカッコよさに痺れる SNS上で浮上した“朝日がストーカー説”

人生において、辛い経験や悲しい思い出は誰にでもあるものだ。時には、そうした記憶を意図的に「忘れる」ことで、一時的に心の痛みを和ら…

『くる恋』まことと男性3人の絡み合う関係性

『くる恋』朝日×公太郎×律のまことへの変わらぬ愛情 視聴者を魅了する思わぬサプライズも

人は多面的な生き物だ。状況に応じて異なる表情を見せるだけでなく、時には自分でさえ気づいていない面を持っていることだってある。それ…

『くる恋』まことのピンチを救った言葉

『くる恋』生見愛瑠のピンチを救った瀬戸康史の言葉 良い意味で際立つ朝日の素朴な一面

私たちは、毎日の食事すら「何を食べたいか」を選んで生活している。パンか米か、朝食のメニューを選ぶのは簡単だ。しかし、仕事や恋人の…

『くる恋』瀬戸康史が醸し出す大人の色気

『くる恋』瀬戸康史が醸し出す“ポップすぎない”大人の色気 ラストに描かれた波乱の展開

恋愛指南書でよく見かける言葉に、「その人といるときの自分が好き」と思える相手や時間を大切にしようというものがある。好きな人と過ご…

『くる恋』重厚なストーリーと意味深ラスト

『くる恋』“本当の自分らしさ”を探す重厚なストーリー 宮世琉弥が不敵に笑う意味深ラスト

多様すぎるキャリア形成の選択肢に、「好きを仕事に」という広告の数々。誰かのキャリアに焦ったり、自分に向いていることがわからなくて…

『くるり』恋と自分探しの物語の始まり

『くるり』生見愛瑠の恋と自分探しの物語の始まり “今っぽさ”体現したラブコメミステリー

日々の生活に追われ、周りの目を気にしながら生きていると、いつしか「本当の自分」を見失ってしまうことがある。 「私らしいってなん…

長谷川博己は「実はチャーミングで心配性」

北村匠海、長谷川博己は「実はチャーミングで心配性」 川口春奈は流行語大賞狙いを宣言

TBS春ドラマ合同記者会見「TBS DRAMA COLLECTION 2024 SPRING」が4月6日、赤坂BLITZスタジオ…