広瀬すずの“ありえないような幸運”に刻まれた『なつぞら』の本質 なつと坂場の“開拓宣言”を受けて

広瀬すずの“ありえないような幸運”に刻まれた『なつぞら』の本質 なつと坂場の“開拓宣言”を受けて

 広瀬すず演じるヒロイン・なつの結婚も決まり、益々この先の展開が気になるところの朝ドラ『なつぞら』(NHK総合)である。日本アニメーションの黎明期を描く『なつぞら』において、高畑勲と宮崎駿がスタジオジブリ発足以前に共に手がけた傑作『太陽の王子 ホルスの大冒険』が恐らく元になっているのだろう『神をつかんだ少年クリフ』に取り組む坂場(中川大志)、なつ、神地(染谷将太)たち。その姿が描かれると共に、坂場のプロポーズというなつの人生にとっての転機が描かれた先週放送の第18週は、かなり重要な部分を担っていたと言える。

 105話から108話にかけて、視聴者はあまりにも不器用なプロポーズを巡って日々二転三転する展開に毎朝心をざわつかせずにはいられなかったわけだが、「風車」の客たちが亜矢美(山口智子)と歌う「君といつまでも」のようにすんなりと「僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろ」とはいかないのがこのドラマの妙であり、彼らのややこしさである。この一筋縄ではいかないヒロインと相手役のプロポーズには、ドラマの根幹を示すもう一つの意味が隠されていたように思えてならない。

 なつは、坂場への思いを吐露する時、アニメーションとは何かを語る坂場の「ありえないことを本当のように描く」という言葉に痺れたのだと言った。この「ありえないことを本当のように描く、またはありえないことのように見せて本当を描く」という言葉は、このドラマにおいて何度も繰り返されてきた言葉だ。その後なつは自身の人生を振り返る。これまでのドラマの展開を総括するかのように。そしてそれらを「ありえないような幸運」だったと語ったのである。

 それは、このドラマ自体の本質なのではないのだろうか。老若男女世代を問わず、朝の習慣として100作品かけて親しまれてきた朝ドラに挑む上で、「ありえないことのように見せて本当を描く」もしくは「世界の裏も表も描く」ことが、このドラマの最も目指したい部分なのではないか。

 では、「本当」とは何なのか。仲(井浦新)や麻子(貫地谷しほり)が神地や坂場、なつという新しい世代に対して感じる困惑や不安。才能の強さと残酷さ。燃え上がる恋はあっけなくすれ違い、想定していない恋は簡単に実を結んでしまう現実。常に明るく現実的なしっかり者ヒロインは時に、好きだった幼なじみ・天陽(吉沢亮)の結婚を知り、その場では明るく振舞っておきながら、一人「風車」のカウンターで水を飲んでやり過ごし、夢に向かって邁進するがゆえの孤独を匂わせる。107話の彼女の告白に、我々が想定していなかったほどの情熱的な恋心が隠されていたように、なつは、自分自身の本音の吐露が意外にも苦手なのかもしれない。底抜けに寛容な登場人物たちが描かれる一方で、ドラマ自体は時折視聴者をも突き放すほど現実の残酷さを垣間見せてきたり、明確には語ることのできない男女間の感情を匂わせてきたりする。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる