榮倉奈々、『僕キセ』第9話の見どころ語る 「相河一輝ならではの答えの出し方が本当に素敵」

榮倉奈々、『僕キセ』第9話の見どころ語る 「相河一輝ならではの答えの出し方が本当に素敵」

  毎週火曜21時より放送中のドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)。主人公・相河一輝(高橋一生)を担当する歯科医師・水本育実を演じている榮倉奈々が第9話の見どころを語った。

 本作は、生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝が周囲の人々を翻弄しながらも、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲に緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。

 12月4日放送の第9話では、一輝と育実に訪れる急展開が描かれる。一輝の虫歯がきっかけで、“患者と医者”として出会った2人。どこまでもマイペースな一輝と、秩序を重んじる育実は、当初、お互いに苦手意識を感じていたが、物語が進むにつれ、その関係に変化が。一輝が時折放つ何気ない一言に心を動かされた育実は、失恋の悲しみと後悔を涙ながらに一輝に打ち明ける。また一輝も、母親である家政婦の山田と気まずい関係になった際、育実に相談するなど、徐々に距離を縮めてきた。

 そんな2人は第9話で、お互いを意識し始める。そのきっかけとなったのは、一輝に好意を寄せる女子大生の琴音(矢作穂香)。ある日、琴音は“進路相談”という名目で一輝と2人きりになることに成功し、その場で「付き合ってほしい」と交際を申し込む。一輝はその申し出を断るものの、ムキになった琴音が、“育実のことが好きなのではないか”と、一輝に詰め寄る。思いもよらない琴音の問いかけに、一輝は育実に対する自分の気持ちを考え始め、答えが見つからないため、育実本人に相談する。相談を受けた育実も、急に一輝のことを意識してしまう。ひょんなことからお互いを意識し始めた2人。一輝は考えぬいた末、ある答えを育実に伝える。

 そんな、一輝と育実の関係が描かれる第9話について、育実を演じる榮倉は、「相河一輝ならではの答えの出し方が本当に素敵なので、楽しみにしていただきたいです」とコメント。また、終盤を迎えた物語については、「“相河一輝と登場人物”という関係性が見えてくるのが面白いところでもありますし、人間関係において“ああしなきゃいけない”“こうしなきゃいけない”という概念で縛られて苦しい思いをしている人にとって、新しい風になると思います。見ている方がハッとさせられて、自分の人生を振り返られるような、そんなお話だと思います。最後まで楽しんでみていただけたらうれしいです」と、見どころを語った。

榮倉奈々 コメント

主人公に感情移入することで、見ている方が一緒に変わっていくドラマが多いなか、(この作品は)主人公の周りの人に感情移入していくようなドラマだと思います。だからこそ第9話で、相河さんの答えがとても皆さん気になるのではないでしょうか。相河一輝ならではの答えの出し方が本当に素敵なので、楽しみにしていただきたいです。

第9話以降は、“相河一輝と登場人物”という関係性が見えてくるのが面白いところでもありますし、人間関係において「ああしなきゃいけない」「こうしなきゃいけない」という概念で縛られて苦しい思いをしている人にとって、新しい風になると思います。見ている方がハッとさせられて、自分の人生を振り返られるような、そんなお話だと思います。最後まで楽しんでみていただけたらうれしいです。

■放送情報
『僕らは奇跡でできている』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00~21:54放送
出演:高橋一生、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、矢作穂香、北香那、広田亮平、田中泯、トリンドル玲奈、阿南健治、戸田恵子、小林薫
脚本:橋部敦子
音楽:兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
演出:河野圭太(共同テレビ)、星野和成(メディアミックス・ジャパン)、坂本栄隆
プロデューサー:豊福陽子(カンテレ) 、千葉行利(ケイファクトリー)、宮川晶(ケイファクトリー)
主題歌:SUPER BEAVER「予感」([NOiD] / murffin discs)
オープニング曲:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」(ビクターエンタテインメント)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:カンテレ
(c)関西テレビ
公式サイト:https://www.ktv.jp/bokura/index.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる