>  >  > 『僕らは奇跡でできている』制作発表会見

高橋一生に女性スタッフは目がハート? 榮倉奈々がドラマ撮影現場の様子明かし、西畑大吾は対抗

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月9日よりスタートするカンテレ・フジテレビ系新火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』の制作発表会見が10月1日、都内スタジオにて行われ、主演の高橋一生をはじめ、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、戸田恵子、小林薫のキャスト陣が登壇した。

 『僕の生きる道』シリーズ(カンテレ・フジテレビ系)、『フリーター、家を買う。』『フラジャイル』(ともにフジテレビ系)などの脚本を手がけた橋部敦子による完全オリジナル作品となる本作は、“時間を守れない”“人の話を聞かない”“空気を読めない”と、周囲の人間をイラっとさせるがなぜか憎めない、動物行動学を教える大学講師の主人公・相河一輝の姿を描いた物語。

高橋一生

 民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となる高橋は、まだ撮り始めて3週間という本作について、「僕自身、とても発見の多いドラマになっています。相河一輝を通して、世界を見れている最中です。とても楽しい現場になっているので、きっとこの世界観、面白さを皆さんに共有していただけると思っています。観る方によって、捉え方や受け取り方はきっと変わってくるかと思います。でもそれでいいドラマだと思っています」とコメント。

榮倉奈々

 そんな高橋演じる一輝が通う歯科クリニックの院長・水本育実を演じる榮倉は、「容姿端麗なのに仕事もプライベートもうまくいかない、こじらせ気味な〜」という役の紹介を受け、「紹介文がとても恥ずかしくて気まずいんですけども……」と苦笑い。そして司会から高橋の現場の様子を問われると、榮倉は「うーん。でもそれを言うと(高橋さんが)嫌がりそうだからどうしようかな……」と言うのをためらうが、高橋からの「どうぞ言ってください」という言葉を受け、「現場のスタッフさんは結構女性が多くて、みんな目がハートになってますよ」と明かす。すると高橋は「絶対嘘ですよ!」と反論。榮倉がすかさず「本当ですよ! 本当なんですよ」と言い返すと、高橋は「ちょっと自信出ました」と返し、そのやりとりに会場は笑い声に包まれた。

西畑大吾

 一方、関西ジャニーズJr.の西畑は「一輝の講義を受ける学生で、イケメンなのにちょっぴり天然な新庄龍太郎を演じる〜」という司会からの役柄の紹介に、「イケメンなんですね。そんなイメージなかったですけど(笑)。頑張ってイケメンを演じさせていただいています」とあいさつをしながら、「現場では一生さんが女性スタッフの皆さんの目をハートにさせていますけど、僕は視聴者の皆さんの目をハートにできればなと思います」と意気込みを語り、会場を沸かせた。

      

「高橋一生に女性スタッフは目がハート? 榮倉奈々がドラマ撮影現場の様子明かし、西畑大吾は対抗」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版