スピルバーグ最新作『The BFG』9月公開へ 『チャーリーとチョコレート工場』原作者の小説を映画化

スピルバーグ最新作『The BFG』9月公開へ 『チャーリーとチョコレート工場』原作者の小説を映画化

スティーブン・スピルバーグ最新作『The BFG』(原題)が、邦題『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』として9月に公開されることが決定した。

 すでに本年度カンヌ国際映画祭(現地時間:5月14日)でのワールド・プレミア上映が決定している本作は、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールの小説「オ・ヤサシ巨人BFG」を、スティーブン・スピルバーグが映画化したファンタジーアドベンチャー。ロンドンを舞台に、児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女・ソフィーと、子どもたちに夢を届けるやさしい巨人、BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)の心温まる友情を描いていく。

 制作スタッフには、『インディ・ジョーンズ』や『スター・ウォーズ』など、過去のスピルバーグ作品に関わってきたスタッフが参加している。製作はフランク・マーシャル、製作総指揮はキャスリーン・ケネディ、脚本は本作が遺作となった『E.T.』のメリッサ・マシスンが務めている。さらに、撮影はアカデミー賞受賞歴を持つヤヌス・カミンスキーが務め、編集はマイケル・カーン、音楽は名匠ジョン・ウィリアムズがそれぞれ担当している。

 また、邦題とあわせて公開されたポスタービジュアルには、足元だけのBFGと彼を見上げるソフィーの姿が描かれている。やさしい巨人BFG役は、スピルバーグ監督作『ブリッジ・オブ・スパイ』で第88回アカデミー助演男優賞に輝いたマーク・ライランスが演じており、ソフィー役には、オーディションでこの役を射止めた新鋭女優、ルビー・バーンヒルが抜擢された。

■公開情報
『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』
2016年9月 全国ロードショー
全米公開:2016年7月1日
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:メリッサ・マシスン
音楽:ジョン・ウィリアムス
原作:ロアルド・ダール
出演:マーク・ライランス、ルビー・バーンヒル
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる