【漫画】家の近所の古墳、なぜGoogleで低評価? 実際に行ってみた結果が考えさせられる

 Twitterの「スペース」機能で通話した際の会話をもとに描かれた漫画『家の近くの古墳(評価:★☆☆☆☆)に行ったまんが』。至るところに古墳があることを知り、Googleマップを眺めるなかで見つけたのは評価が星1つの古墳。実際に足を運んでみると、そこには意外な光景が広がっていた。

 作者であるののもとむむむさん(@muryard)によると、本作は実際にあった出来事とフィクションを合わせた作品だという。本作を創作したきっかけや描くなかで意識したことなどの話を聞いた。(あんどうまこと)

続きを読むには画像をクリック




関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる