ジャムコーララーメン、タバコかけご飯、ヤング肉じゃが……人気漫画に登場したヤバい飯4選

発想がヤバい漫画飯4選

 現実とかけ離れた描写も多い漫画作品の数々。それは料理も同様で、かなり突飛なものも、数多く登場する。今回はそんな漫画に登場した突飛な料理の一部を検証してみたい。

ジャムコーララーメン『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場した伝説的なラーメンが、「ジャムコーララーメン」である。両津勘吉が勝手に本田速人のために注文したもので、本田は「なんでぼくがそんなものをたべるんですか!」と抗議していた。

 肝心の料理は、ラーメンのスープがコーラになっていて、その上にいちごジャム、そしてバナナ、パイナップルが載っている。両津は自分が食べないこともあり、「いやあ本田くんのおいしそうだね」と、心にもなさそうなことをつぶやく。本田は「あったかいコーラにいちごジャムとバナナが入っている気味悪いなあ」と話した。

 その味については低評価が目立つものの、ラーメンのスープをコーラにしていちごジャムを入れるという発想は唯一無二のもの。革新的なアイディアを多数出してきた『こち亀』らしい料理といえよう。

タバコかけご飯『将太の寿司』

 『将太の寿司』で、語り継がれている料理が、煙草かけご飯だ。ご飯の上にタバコの葉がたっぷりと乗ったもので、食べられるものではない。

 このご飯は寿司屋で働き始めたものの、タバコがやめられない少年の母が作ったもの。これを母は自分で食べ、病院に運ばれ入院する。母の命を懸けた行動に、息子は改心し、タバコをやめることを決意した。

 タバコの葉をかけたご飯を食べることは不可能で、作る人はいない。料理としては成立しないが、子を思う母の真心が詰まった料理だった。

ヤング肉じゃが『クッキングパパ』

 『クッキングパパ』の荒岩一味が作った若者向けの肉じゃが、名付けて「ヤング肉じゃが」。手羽先とじゃがいもを鍋に入れ煮込み、隠し味にコーラを入れるのが、最大の特徴である。

 荒岩はコーラを使うことについて、「炭酸の働きで肉なんか短時間で柔らかくなるぞ」「コーラの香辛料が隠し味となってうまいぞ」とアピールしていた。数多くのレシピを提供する『クッキングパパ』だけに実際に作って見る人も多く、ネット上では「美味しい」という評価が上がっている。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる