『東京卍リベンジャーズ』影の支配者、稀咲鉄太 卑劣な人間性に隠された悲しい過去とは?

『東リベ』稀咲鉄太の悲しい過去

 実写映画の公開まで約2週間、原作コミック23巻の発売日まで1ヶ月を切った今、着実に注目度が高まってきている『東京卍リベンジャーズ』。中学時代の恋人だった橘日向が死亡してしまう未来を変えるため、主人公である花垣武道がタイムリープを繰り返して過去を変えていくという物語だが、最大の敵として存在感を示しているのが稀咲鉄太だ。

※以下、ネタバレあり

 稀咲は、現代において「東京卍會」が凶悪犯罪集団になってしまっている元凶の人物。小学生の頃から頭脳明晰で「神童」と呼ばれるほどの切れ者だったが、成長するに連れて狡猾で卑劣な手段を躊躇なく選択してきた。絵に描いたような「悪」で間違いないのだが、その心中に思いを馳せると一抹の悲しさを感じてしまう。

 原作の中で、稀咲は次々と所属するグループを変えている。それもこれも、とある野望を叶えるべくマイキーこと佐野万次郎に近づくためだ。まずはただ喧嘩が強いだけだった長内信高に近づいて「愛美愛主」の総長へと押し上げ、自らは幹部の座へ就く。

 「東京卍會」との抗争のきっかけを作って「8・3抗争」でドラケンこと龍宮寺堅を殺害し、自分がナンバー2の座に就き「東京卍會」を操るという計画を立てていた。しかし、武道の働きにより失敗に終わる。急遽計画を変更した稀咲は、上手く取り入り「東京卍會」の参番隊隊長の座に座り、トップのいない「芭流覇羅」を作って「東京卍會」の創設者の一人であった羽宮一虎をマイキーに殺害させる「血のハロウィン」を計画。

『東京卍リベンジャーズ』6巻(講談社)

 闇に落ちたマイキーにつけ入り、「芭流覇羅」のトップにマイキーを据えて操ろうとしていたが、またもや武道の活躍によって失敗に終わってしまう。さらに、壱番隊隊長となった武道や副隊長の松野千冬とタッグを組むも、裏切りに走った「聖夜決戦」ではその裏切りがマイキーにバレ、「東京卍會」から除名処分。

 そこで横浜に拠点を置く暴走族「天竺」の黒川イザナ(マイキーの異母兄)に接触し、総参謀に就任する。「天竺」をけしかけて「東京卍會」を潰し、マイキーを操る計画を練る。

 「関東事変」当日にマイキーの妹・エマを殺害してマイキーの戦意を喪失させたものの、武道が自分たちを救おうとタイムリープしていることを知ったマイキーは抗争の場へ姿を現す。形勢逆転となって逃亡を図った稀咲だったが、最終的にトラックに轢かれて敢え無く最期を迎えてしまった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる