“ループもの”最旬漫画『サマータイムレンダ』が熱い 文芸評論家も唸る“頭脳戦”とは?

文芸評論家も唸る『サマータイムレンダ』

 何らかの理由で登場人物が、同じ時間を繰り返す物語を“ループもの”という。時間テーマSFの一種と思ってもらっていいだろう。このタイプの作品が広く一般に知られるようになったのは、ケン・グリムウッドの小説『リプレイ』のヒットによってである。43歳で死に、気がつくと18歳の自分に戻っている。この人生のリプレイを繰り返す男を主人公にしたエンターテインメント作品だ。日本でも1990年に出版され、大きな話題となった。

 以後、ループものは小説のみならず、映画・漫画・ゲームなど、ジャンルを横断して多数の作品が生まれている。映画の『恋はデジャ・ヴ』、ゲームの『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』、ライトノベルの『All You Needs Is Kill』など、実に面白かった(アニメでも挙げたい作品はあるが、ループものであることが後半まで隠されているので、タイトルは控える)。

 もちろん漫画のループものにも、強くお勧めしたい物語がある。田中靖規の『サマータイムレンダ』だ。2021年4月に刊行された第13巻で単行本が完結。しかし作品の勢いは止まらない。アニメ化とリアル脱出ゲーム化が決定しており、さらに実写化企画も進行中だ。まさに今が旬の作品なのである。

田中靖規『サマータイムレンダ』1巻(集英社)
田中靖規『サマータイムレンダ』1巻(集英社)

 17歳の網代慎平は、幼馴染の小舟潮の葬式に参加するため、2年ぶりに故郷の日都ヶ島に帰ってきた。日都ヶ島は、和歌山県和歌山市の紀淡海峡に浮かぶ、人工およそ700人の小さな離島だ。10年前に両親を失い、小舟家で育てられた慎平にとって、潮は家族同然であった。

 潮は海難事故で死んだとのこと。だが潮の妹で、事故現場にいた澪が、姉は殺されたという。さらに、とまどう慎平を嘲笑うように不可解な出来事が続く。日都ヶ島に伝わる伝説の“影”の仕業なのか。やがて2人の潮が現れ、その1人に慎平は撃ち殺される。しかし気がつくと、島に着いた時間に戻っていたのだった。

 本書は第2巻までがプロローグといっていい。読者は最初、慎平と同じく、何が起こっているのかさっぱり分からない。しかし、なぜか自分が死ぬと時間が巻き戻るループ能力を持つ慎平が、同じ時間を繰り返すうちに、潮の死を始めとする一連の事態の原因が影の仕業だと分かってくる。影は対象をスキャンし、そのデータをもとにコピーを作る。そして対象を殺して成り替わっているのだ。誰もがコピーの可能性があるので、なにげない日常シーンにも緊張感が漂っている。

 そのような状況を積み重ねながら、ストーリーは進行。慎平に恋心を抱いている澪。慎平の幼馴染の菱形窓と、妹の朱鷺子。島出身の作家で、大きな秘密を抱える南方ひずる。ひそかに島で影と戦い続けている根津銀次郎。島の駐在の凸村哲。そして死んだ潮の影で、潮そっくりの姿をしたウシオ。繰り返す時間の中で仲間になった彼らと共に、慎平は絶望的な戦いを繰り広げる。

 物語は緻密に構成されており、ちょっと突っ込んで書いただけでネタバレになる可能性が高い。だからいささか、ボカした表現になることをご寛恕願いたい。という予防線を張って、まず注目したいのがループのルールだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる