スカ、ロックステディ、ルーツ、ダブ、ダンスホール……レゲエの世界に浸る『REGGAE definitive』

スカ、ロックステディ、ルーツ、ダブ、ダンスホール……レゲエの世界に浸る『REGGAE definitive』

 音楽ファン必携のディスクガイド『REGGAE definitive』が4月7日にPヴァインより発行される。著者は『ミュージック・マガジン』でマンスリー・レゲエ・アルバム・レヴューを15年務める鈴木孝弥。

 本書は、スカ、ロックステディ、ルーツ、ダブ、ダンスホール……60年以上もの歴史のなかから選りすぐりの1000枚以上を掲載した、初心者からマニアまで楽しむことのできるレゲエ案内の1冊となっている。

■著者:鈴木孝弥プロフィール
ライター、翻訳家。訳書『レゲエ・アンバサダーズ 現代のロッカーズ──進化するルーツ・ロック・レゲエ』、『セルジュ・ゲンズブール バンド・デシネで読むその人生と音楽と女たち』、『ボリス・ヴィアンのジャズ入門』ほか。レゲエ・ディスクガイド関係の監修では『ルーツ・ロック・レゲエ 』や『定本 リー “スクラッチ” ペリー』など。『ミュージック・マガジン』のマンスリー・レゲエ・アルバム・レヴューを15年務めている。

■書誌情報
『REGGAE definitive』
著者:鈴木孝弥
発行:株式会社Pヴァイン
発売:日販アイ・ピー・エス株式会社
発売日:2021/4/7
定価:本体2,650円+税
http://www.ele-king.net/books/008096/

〈目次〉
 Preface
・Chapter 01 The Ska era (1960-1965)
 Column No.1 サウンド・システムのオリジン
・Chapter 02 The Rock Steady era (1966-1968)
 Column No.2 1968 最初のレゲエ
・Chapter 03 The Early Reggae era (1969-1972)
 Column No.3 DJというヴォーカル・スタイル
 Column No.4 ルーツ・ロック・レゲエ、バビロン、Fire pon Rome
・Chapter 04 The Roots Rock Reggae era (1973-1979)
 Column No.5 スライ&ロビーとルーツ・ラディクス、ロッカーズからダンスホールへ
・Chapter 05 The Early Dancehall era (1980-1984)
 Column No.6 ダンスホールの時代
 Column No.7 サイエンティストの漫画ダブ
・Chapter 06 The Digital Dancehall era (1985-1992)
 Column No.8 My favorite riddims.
 Column No.9 レゲエと聖書とホモセクシュアル
・Chapter 07 The Neo Roots era (1993-1999)
・Chapter 08 The Modern + Hybrid era (2000-2009)
 Column No.10 大麻問題
・Chapter 09 Reggae Revival era (2010-2020)
 Column No.11 Reggae Revivalというコンセプト
 Index

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる