乃木坂46・山崎怜奈が語る、歴史から学んだこと 「生きてさえいればなんとかなる」

乃木坂46・山崎怜奈が語る、歴史から学んだこと 「生きてさえいればなんとかなる」

“現役アイドルによる”歴史本

――コラムでは、山崎さんの本音が顕著に出ていますね。これまでに、ここまで本音を表した機会はありましたか?

山崎:コラムに関わらず、私の口から出てくる言葉は全て本音です。建前で話さないので、賛否両論もあるんですけどね(笑)。乃木坂46のメンバーのなかには、ロングインタビューでたっぷり自分の意見を語っている子もいますが、私にはその経験がなかったので、自分の言葉だけで意見をまとめられたのは今回が初めてでした。ここまで蓄積できたからこそ、コラムに放出できたのかもしれません。

――現役アイドルが歴史をテーマに本を執筆。今までにない試みではないでしょうか。

山崎:本当にありがたいです。アイドル界という規模のなかでの話ですが、前例がないことは確かなので、反応が気になります。感じ方は読んでくださる方の自由なので、思うままに読んでいただければと思います。

――番組や本作を通して、歴史を学ぶことは人生の教訓を得ることでもあると感じたのですが、山崎さんが歴史から学んだことは何かありますか?

山崎:「生きてさえいればなんとかなる」ですね。歴史上の人物は自刃する人も多いですが、「逃げの小五郎」と呼ばれている桂小五郎のように、逃げまくっている人もいて。現代でも「我慢は美徳」という考え方がありますが、逃げたほうがいいことも絶対にあるはずなんです。私もつらい気持ちを我慢する時期がありましたが、逃げる自分を受け入れられるようになったのは、歴史を学んだことによる影響もあると思います。

――読者に伝えたいことも、我慢しすぎずに、状況によっては逃げることも大切ということでしょうか。

山崎:そうですね。もし何かに囚われて思い悩んでいる方がいたら、逃げたり、全く違う世界に飛び込んだりして逃げる生き方を知ってほしいです。生きてさえいればなんとかなるし、生きるうちに何かを成し遂げたり、後世に何かを残したり、なんとかしようと焦る必要もない。自分に過度な期待をせず、自分が生きられる場所で生きることも、ひとつの生き方だと思います。

 歴史を学ぶことは、私の人生観においても救いになっています。歴史上にはまだ知られていない人物も含めてさまざまな偉人がいるので、本作をきっかけに、歴史に興味を持ってくださったら嬉しいです!


■書籍情報
『歴史のじかん』
山崎怜奈 著 
定価:1,650円(税込)
出版社:幻冬舎
公式サイト

山崎怜奈サイン入りチェキプレゼント

山崎怜奈サイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。


【応募方法】
リアルサウンドブックの公式Twitterフォロー&該当ツイートをRTまたはリアルサウンド公式Instagramをフォローいただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドブックの公式Twitter又はリアルサウンド公式InstagramアカウントよりDMをお送りいたします。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

※営利目的の転売は固くお断りいたします。発見した場合は然るべき対応をとらせていただきます。

リアルサウンドブック 公式Twitter:https://twitter.com/realsound_b
リアルサウンド 公式Instagram:https://www.instagram.com/realsoundjp/
<応募締切>
3月28日(日)23:59まで

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる