『チェンソーマン』マキマは理想のヒロインか、ラスボスか? 最新10巻を徹底考察

『チェンソーマン』マキマは理想のヒロインか、ラスボスか? 最新10巻を徹底考察

 昨年、「週刊少年ジャンプ」での連載が終了した藤本タツキの『チェンソーマン』(集英社)は嵐のように現れ、嵐のように去っていった漫画だった。

 本作は、悪魔が跋扈する世界で、チェンソーの悪魔・ポチタと融合した少年・デンジがチェンソーマンに変身して悪魔や魔人と戦うバトル漫画。巧みな表現力と、謎に満ちたストーリーが支持され、昨年末に発売されたムック「このマンガがすごい!2021」(宝島社)ではオトコ編1位を獲得。今年1月に発表された第66回小学館漫画賞では少年向け部門を受賞している。

 連載自体は第一部完で、漫画アプリ「ジャンプ+」にて第二部がスタートする予。また、現在『呪術廻戦』のアニメを制作しているMAPPAによってアニメ化されることも決まっている。1月4日に発売された第10巻発売の時点で、シリーズ累計発行部数は640万部を突破と、勢いが衰える気配はなく、今後、より多くの読者を獲得していくのではないかと思う。

 以下、ネタバレあり。

 1月に発売された10巻と3月に発売される11巻で、ジャンプ本誌で連載分は終了となるのだが、この2冊で描かれるのは、本作でもっともミステリアスな存在だったマキマの正体だ。

 マキマはデンジの勤務する公安の上司で、デンジをデビルハンターにスカウトしたのも彼女だった。マキマへ恋心と「普通の生活」を送りたいという夢を糧に、デンジはここまで戦ってきたのだが、家族のような存在だった早川アキを(銃の悪魔に取り憑かれ魔人化したとはいえ)殺してしまったことに罪悪感を抱き、頭の中がぐちゃぐちゃになって何を食べても美味しく感じられない。頭のネジがぶっ飛んでいて、物事を深く考えないからこそデンジは強く、だからこそチェンソーマンに変身した際に、我が身を顧みずにデタラメな戦いができたのだが、今のデンジは普通の悩める少年だった。

 そんなデンジの前にマキマが現れる。マキマの暮らす高級マンションに誘われたデンジは、彼女の飼っている大勢の犬に囲まれ、しあわせな時間を過ごす。そして、マキマに「私に叶えて欲しい事を言ってみて」と聞かれたデンジは「犬…に…なりたいマキマさんの……」と答える。考えることに疲れたデンジは思考を放棄して犬になりたいと思う。そんなデンジをマキマは犬として優しく受け入れる。そこでインターホンが鳴る。デンジと暮らす魔人・パワーを呼んだのだとマキマは言う。

「デンジ君がドア開けて」
「私がパワーちゃん殺すから」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる