『死にたい夜にかぎって』作家・爪切男、3カ月連続でエッセイをリリース 「最初で最後のお祭りです」

『死にたい夜にかぎって』作家・爪切男、3カ月連続でエッセイをリリース 「最初で最後のお祭りです」

 連続テレビドラマ化された『死にたい夜にかぎって』の作家・爪切男が、2月から3カ月連続で新作エッセイをリリースすることが決定した。

 第1弾は、2月24日に発売される。タイトルは『もはや僕は人間じゃない』。手痛い失恋、家族との確執、そして自らに起きた性の揺らぎを抱えながら、人生の暗黒期を過ごしていた著者が、パチンコ中毒のお坊さんと、オカマバーの店員に救われ、人生のどん底を「なんとなく」乗り越えていく。

 第2弾は、3月19日に「週刊SPA!」の人気連載をまとめた『働きアリに花束を』が書籍化。解体工事、家庭教師、交通量調査などさまざまな職業を体験してきた著者が、夢やお金以上に大切なものがあると知る勤労エッセイとなる。

 第3弾として4月26日にリリースされるのは、『クラスメイトの女子、全員好きでした(仮)』。小学校から高校まで、さまざまな女子と出会い、いつも恋をしていた著者が思い出を綴る、センチメンタル・スクールエッセイだ。

爪切男コメント

いろいろなタイミングとご縁が重なり、なんと三か月連続で本をリリースする運びと相成りました。大人気作家ならまだしも、なぜ私のようなかけだし作家がこんなことに。まあ、やるならやるで心から楽しんでやろうと思ってます。何かと沈みがちな今だからこそ、バカなことをする奴が一人ぐらいはいてもいい。おそらく私の作家人生における最初で最後のお祭りです。読者の皆様、書店、出版社、みんなで一緒に盛り上がりましょう。 

■爪切男
1979年、香川生まれ。作家。2016年より、ニュースサイト『日刊SPA!』で『タクシー×ハンター』を連載。同連載を大幅に加筆修正してまとめた私小説『死にたい夜に かぎって』を2018年に出版。これまでのままならない恋愛経験をポジティブに綴った本作はネットを中心に大きな話題を呼ぶ。同作は2020年に賀来賢人主演で連続ドラマ化された。

■作品情報(著者:爪切男)

『もはや僕は人間じゃない』【仮書影】
『もはや僕は人間じゃない』【仮書影】

『もはや僕は人間じゃない』
発売元:中央公論新社
発売予定日:2月24日
価格:本体1,100円+税

『働きアリに花束を』挿絵【イラスト/崇山祟】
『働きアリに花束を』挿絵【イラスト/崇山祟】

『働きアリに花束を』
発売元:扶桑社
発売予定日:3月19日
価格:未定

『クラスメイトの女子、全員好きでした(仮)』挿絵【イラスト/北村人】
『クラスメイトの女子、全員好きでした(仮)』挿絵【イラスト/北村人】

『クラスメイトの女子、全員好きでした(仮)』
発売元:集英社
発売予定日:4月26日
価格:未定

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる