『美味しんぼ』屈指のトラブルメーカー・富井副部長にも長所はある? 好感度あげたファインプレー4選

『美味しんぼ』屈指のトラブルメーカー・富井副部長にも長所はある? 好感度あげたファインプレー4選

 『美味しんぼ』に登場する人物のなかで、良くも悪くも愛されているのが、富井副部長だ。失態を重ね、上司の谷村部長や部下に山岡士郎を困らせる彼だが、実は心優しい一面を持ち、ファインプレーをすることもある。そこで今回はそんな富井副部長の優しい一面を紹介しよう。

家族愛が強い

 富井副部長は妻と子供に強い愛情を注いでいる。そのエピソードが披露されたのが、10巻の「牛乳嫌い」だ。

 東西新聞社文化部に妻から電話が入り、応対した栗田から受話器を渡された富井副部長は「仕方がないなあ、職場に電話なんかしてきやがって、怒鳴りつけてやる」と話す。しかしいざ受話器を耳に当てると、「今朝はごめんね、君の卵焼き、失敗しちゃって。明日はちゃんとするからね」と頭を下げる。

 そこで妻から、「息子のヒトシが学校で行方不明になった」「誘拐されたかもしれない」と告げられた富井副部長は大きく取り乱し、家に帰ろうとする。するとヒトシが山岡とともに現れ、「お父さんは心配したぞ」と泣きながら抱きつく。そして誘拐犯人を山岡と決めつけ、イスで殴りかかった。

 その後ヒトシは学校の給食に出される牛乳が嫌で、自ら逃げたことが発覚。富井副部長はそれを聞くと「バカモノ。そんなことでこんな騒ぎを」「牛乳飲まないと大きくならないぞ」と叱りつけた。(10巻)

 文化部のメンバーに嫌味を言うことも多い富井副部長だが、家族への愛は本物。息子への愛情も、相当なものがあった。

兄弟愛

 富井副部長には建設業界で社長を務める「修」という弟がいる。ところが2人は仲が悪く、1人で会いたくないと考えた富井副部長は、山岡と栗田を料亭に同席させ会食し、父親の墓を移動させることについて、相談を始めた。

 その席で富井副部長は「父さんは優しい父親だったな」「隣の子供がチューインガムを食べているのをお前(弟)が羨ましがって、メリケン粉をこねてガムを作ってくれた。それでお前の機嫌が直ったんだ」と思い出を話す。しかし弟は「親父は兄貴には優しかったが俺にはちっとも優しくなかった」「兄貴は大学に行かせたのに俺は行かせてもらえなかった」と憤る。

 富井副部長はそれでも「それはお前が受験のときに親父が仕事に失敗したから」と父を庇う。弟は「メリケン粉でガムなんて夢を見てるんじゃないのか?」「錯覚だよ。オヤジが優しかったっていうのも兄貴の錯覚だよ」「親父の墓なんか移転したけりゃ勝手にすればいい」「俺は一切面倒を見ない」と罵倒し、出ていってしまった。

 口直しに「岡星」で栗田と食事をした山岡は、生麩から、富井副部長の父が作った代用ガムのヒントを得る。そして富井兄弟を招き、メリケン粉を水に流しながら揉んで代用ガムを再現する。

 この味で昔を思い出した富井弟は改心し、謝罪の言葉を口に。富井副部長も「お前を働かせたりして私も不甲斐ない兄だったよ…」と謝り、父親の墓を新しく作り直すことを約束し、大団円となった。(17巻)

 厳しい状況でも父の愛を信じ、決して悪く言わなかった富井副部長。父と弟への愛情を痛感させた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる