高橋留美子「人魚シリーズ」と『鬼滅の刃』の共通点とは? 人の欲望に根ざした“闇”の深さ

高橋留美子「人魚シリーズ」と『鬼滅の刃』の共通点とは? 人の欲望に根ざした“闇”の深さ

 高橋留美子先生が紫綬褒章を受賞されました。それだけ先生のマンガはクオリティが高いと言うことですよね、ファンとしてとても嬉しいです。高橋留美子先生というとコメディのイメージが強いですが、一番好きなのは「人魚シリーズ」。どんな話かというと、「湧太という青年がめっちゃくちゃモテてる物語」です。

 いや、それが主題じゃないのはわかってますよ。でも嘘でもないんです。

 湧太は800年ほど前に人魚の肉を食べて不老不死になりました。それから人魚を探して旅をしていて、行く先々でさまざまな人と出会い、行く先々で女に好かれて泣かれるんですよ。モテモテなんです。

 確かに正義感が強いからすぐ人助けしてくれるし、不老不死だから痛めつけられても死なないというかすぐ生き返ってしつこく戦ってくれるし、スーパー不老不死なんです、そりゃモテますわ! でもどんなにいい子に好かれても、彼女の命が有限である限り、不老不死の雄太とは添い遂げるのは難しい。どの物語も悲恋なんです。

 短編のシリーズであるこの作品は、人魚の肉を食べて不老不死になった真魚と湧太の出会いから話が始まります。

 人魚の肉は、人が食べるとたいてい身体に合わずに苦しんで死ぬか、身体がムクムクと膨れ上がり「なりそこない」という化け物になってしまう。不老不死になれるのはほんの限られた人だけ。真魚は、湧太が800年旅をしてきて初めて会った「仲間」なのです。この2人の関係の、唯一無二感がすごくいい!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる