得丸あゆみが明かす、“大人セクシー”な下着カットに挑戦した理由 1st写真集『得あゆ』インタビュー

得丸あゆみが明かす、“大人セクシー”な下着カットに挑戦した理由 1st写真集『得あゆ』インタビュー

 インスタグラマーの得丸あゆみが1st写真集『得あゆ』を12月16日に発売した。“大人セクシー”をテーマに、今まで見せてこなかった下着姿を初披露している。

 SNSをはじめて6年。力を込めた一投稿を毎日継続した結果、Instagramのフォロワーは2020年12月現在27万人を超え、念願だった写真集を刊行するに至った。“一日一日が次の1ヶ月を変える”。彼女の説得力のあるこの言葉に、継続することの大切さを実感する。

 SNSをここまで継続できた理由とは。また、写真集を購入した人だけが見られる“下着姿初解禁”に込めた思いとは。写真集を軸に、得丸あゆみの素に迫った。(とり)


“大人セクシー”にこだわった写真集

――1st写真集の発売おめでとうございます! もともと、写真集を出すのが夢だったんですよね。

得丸:SNSに水着の写真をあげたときフォロワーさんから「写真集出してほしい」とコメントをいただいたのをきっかけに、写真集を意識するようになりました。SNSではいろんな写真をアップしているので、水着の写真をまとめて見られないじゃないですか。でも、写真集だと水着の写真をまとめてじっくり楽しんでいただけます。それに、若いうちの写真を一冊にまとめたいという思いもあって、私自身も写真集を出したいと思うようになりました。

――水着や下着など、露出度の高い写真が多いですが、体づくりなどはされたんでしょうか?

得丸:撮影の3週間前から、栄養を考えた献立を作って毎日自炊をしました。ダイエットをするにしても、過度な筋トレや食事制限だと胸まで減らしてしまいますよね。なので、サラダだけじゃなくタンパク質やお米も食べて、健康的に引き締まるよう意識しました。私はチョコやアイスなどの甘いものが大好きで、普段は好きなものを好きなだけ食べちゃうんです。そんな完璧すぎない私を見てもらいたいという思いもあったんですが、お腹が出ちゃうのは嫌だったので(笑)。今までダイエットもあまりしてこなかったので、好きな食べ物を我慢するのは辛かったですね。でも、男性は程よくムチっとした女性が好きだと思ったので、食事を管理することで、細すぎたり筋肉をつけすぎたりしないよう心がけました。

――記念すべき初の写真集、テーマはありますか?

得丸:“大人セクシー”です。今の私にしか出せない大人の色気を出したかったので、SNSや雑誌の撮影では見せたことのない下着撮影にも挑戦させてもらいました。

――下着初解禁は大きな試みですよね。“写真集で初下着”というのに何かこだわりがあったんでしょうか。

得丸:下着での撮影はずっとやってみたかったことなんです。でも、せっかくならSNSや雑誌の撮影ではなく写真集で披露したいという願望があったので、今回写真集のお話をいただいたとき、真っ先に「下着やりたいです」とお伝えしました。誰でも自由に見られるSNSではなく写真集を購入してくださった方だけが見られる特別感を持たせたいので、今後もSNSに下着姿の写真を載せることはありません。なかには「下着も水着も一緒だよ」という人もいますよね。確かに隠れている範囲は一緒ですが、私にとっては、下着は自分で見るか、本当に好きな人だけに見せるもの。私に興味を持って写真集を購入してくださった方に見ていただきたいと思っています。


――下着への思いが伝わりました。確かに女性としては、水着と下着は似て非なるものですよね。では衣装にもこだわりがあるんですか?

得丸:スタイリストさんに要望をお伝えして、用意してくださった衣装から自分で選ばせていただきました。特に裏表紙にもなっている黒い下着は”大人セクシー”な感じがしてお気に入りです。

――黒い下着のカットは髪も濡れていてよりセクシーに仕上がっていますね。

得丸:実はこれ、プールで泳いだ後なんですよ。泳ぐのが好きで。ちなみに一番お気に入りのカットは、プールで泳いでいる見開きのカットです。自由に泳いでいたところを撮ってもらった一枚なので、とても素の表情が出ていると思います。

――前半はセクシーな写真が多いですが、後半のハンバーガーを食べている写真などは、より自然体な感じがしていいですね。

得丸:後半はオフショット気味に作っていただきました。食べるのが好きだったり、ストレッチしていたり、衣装も私服なので本当に普段の私に近いと思います。

見せ方で変わるSNS


――写真集のお話を伺って、ご自身をとても俯瞰して見られている印象を受けました。SNSを約6年間続けてこられたとのことですが、そもそもSNSを始めるきっかけは何だったんですか?

得丸:初めはサロンモデルの写真や自分で綺麗に撮れた写真をアップしていました。6年前のことですし、意識的にやっていたわけではないのであまり覚えていないですが、何か仕事に繋げたくて始めたわけではなく、本当に自己満足でやっていたと思います。でも、毎日更新を続けるうちに徐々にフォロワーさんが増えて、たくさんの方が「いいね!」やコメントをくださるからここまで続けてこられたんだと思います。

――昔から写真を撮られるのが好きだったんですか?

得丸:撮られるより撮る方が好きですね。人の写真を撮るときも、より可愛く撮るにはどの角度が良いかなって分析するのが楽しくて。SNSって見せ方次第で印象が大きく変わるじゃないですか。コンプレックスを綺麗に見せることもできるし、逆もまた然り。なので最初はどれだけ盛れるかに力を入れていたんですけど、だんだん現実とSNSのギャップが大きくなるのはダメだと思うようになったので、今は控えめに盛るようにしています。加工も50%はやりすぎなので、15%くらいに抑えるとか。薄くても、何もしないよりは綺麗に見えますからね。やりすぎないことも大事なんだなということは、この6年間で学んだことです。

――綺麗に見せるために意識するポイントとかあるんですか?

得丸:最近はたくさんの加工アプリがありますが、基本的に美肌効果は外した方が良いです。その方が加工していないナチュラルさが出るので。本当に現実にいるんだぞ!とアピールするみたいな(笑)。

――美肌効果は外した方がいいんですね! 勉強になります。投稿は毎日続けられてるんですよね。

得丸:体調が悪くないとき以外、毎日投稿するようにしています。毎日続けることが、次の1カ月を変えると思っているので。

――カッコいいです。実際に、写真集を出す夢をSNSで叶えていますし。

得丸:SNSが趣味なんですよね。性格的にも向いていたと思います。6年前はフォローしてくれているのもリアルの友達くらいでした。なので、6年前に私をフォローしてくれていた友達は多分ビックリしていると思います(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる