塩地美澄「セクシーな部分でもできることがある」 3年ぶりの写真集『Relieved』に込めた想いとは?

塩地美澄「セクシーな部分でもできることがある」 3年ぶりの写真集『Relieved』に込めた想いとは?

 2016年3月、写真集『みすみ』(ワニブックス)、翌3月に『すきだらけ』(同)を発売し、世間を賑わせたフリーアナウンサー塩地美澄。3年以上、写真集のリリースがなく、グラビアは卒業かと思われたが、7月、ファン待望の3作目の写真集『Relieved』(光文社)を上梓した。タイトルのRelievedとは、「ホっとした」「安心した」といった意味。コロナ禍で不安ばかりが募る日々の中、塩地がわたしたちに伝えようとしたものとは――?【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼント企画あり】

「元アナウンサーで、こんなに露出しちゃうの?」

――周りの反響はいかがですか?

塩地美澄(以下、塩地):ワニブックスさんで2冊目を出させていただいてから、3年弱くらい空いてるんですよね。3年弱のブランクというのはすごく大きくて、それだけで反響がありました。いろいろ攻めているので、「なにも纏っていない写真がある!」みたいな反響が一番大きかったです。

――気合い入ってますよね。

塩地:なにも着ていないのは今回が初めてかもしれないです。わたしのことを初めて見る方は、「元アナウンサーで、こんなに露出しちゃうの?」みたいに思うかも(笑)。そういう意味では驚きの反響が多かったように思います。


――前作との間には「FRIDAY」や「ポスト」でもグラビアを披露されていました。

塩地:去年12月に「FRIDAY」さんでグラビアをさせていただいたんですけど、そこまで2年半くらい空いてたんですよ。すごく久しぶりのグラビアだったので、自分の中でもう最後かなと思っていたんです。「なんでオファーいただけたんだろう?」くらいに思っていたら、その号の読者アンケート1位だったみたいで。アンコール掲載も翌々週くらいにありました。やはりグラビアは需要があって成り立つ世界じゃないですか。そこから縁があって写真集のオファーをいただいたんです。

――カメラマンの矢西誠二さんは、今回が初めてですか?

塩地:私が最初にグラビアを披露した2015年6月の「FLASH」さんでご一緒させていただきました。「(カメラマンは)だれがいいとかある?」と言っていただいたんですけど、自分からあんまり言えるタイプじゃないし、いろんな方とやってみたいというのがあるので、ちょっとまごまごしていたら、スタッフさんから「矢西さんどうですか?」と言っていただいて、「お願いします!!!」みたいな(笑)。しかも「FLASH」さんて光文社さんじゃないですか。なので今回、なんとなく初心に返るみたいな意味合いも感じられて。またグラビアのスタートに立った感じがすごくしました。

――タイトルを『Relieved』にした理由は何ですか?

塩地:「癒し」という意味合いです。このようなご時世だからこそ、癒しの選択肢の一つとして選んでいただけたらな、というニュアンスで出させていただきました。ありがたいことに、本当にそういう風に受け取ってくださっている方もいるようで、「癒されました」と言っていただいたのはすごく嬉しかったです。

――1冊目のときのように、明るい感じだったのがよかったです。

塩地:原点に返らせていただきました。この状況でどういうパフォーマンスをすべきか、届け方も含め、すごく考えましたね。「こんなときにセクシーな写真集ってどうなの?」と思った部分もあるんですけど、でもいまだからこそ求められている、必要なものだなと最近は強く思うようになっています。経済的にも未来への不安がある中で、なかなか自由にお金が使えないという声はあるんですけど。そこで選んでくださって、「癒された」という声は確実にわたしの元に届いているので、すごく嬉しいです。

 いまさらなんですけど、ファンの方とコミュニケーションすることで気づかせてもらった感じがしますね。結局、セクシーな写真集で癒されるって、なかなか説明しづらいんですよ。普通は「ドキドキして」とか、「自分のことを見て」というのがメインだと思うので。でも今回、本当に心に届くような作品になって、セクシーな部分でもできることがあるなって思えました。

――2冊目とは違いを出していこうと思った?

塩地:1冊目、2冊目も、もちろんそれはそれですごく素敵な形だったんですけど、撮られる心持ちを変えた部分もあります。癒されてほしいものである以上、自分がまずカメラを強く見つめるのは違うなと思ったんですよ。カメラを意識せずと言ったらおかしいんですけど、素の部分を撮ってもらえたらなとか、逆にそういう中で撮っているからこそカメラ目線も生きるようになるのかなとか。

 小さい子どもが無邪気に人の目を気にせず遊んでいる姿を、傍から見て癒されたりするじゃないですか。だから自分も子どもじゃないですけど、純粋に楽しんだり、純粋にそこに佇んだりっていうのを、外側から盗み見してもらってる感じのほうが、もしかしたら癒されてくださるのかなあ、みたいなことを考えたりしました。

――その部分はすごく出ています。キメとキメの間の写真がすごく生きている印象です。目線のことを考えるというのは面白いですね。

塩地:いろんな方の作品を見たり、いまのこの風潮というか雰囲気を考えたときに、そのほうが合ってるのかなあと。矢西さんとは一度撮影でご一緒させていただいているので、すごく話し合えたんですよ。それがすごく大きかったですね。基本的にこういう撮影だからといって身構えることはないんですが、より身を委ねられました。

――写真には現場の空気が出ますよね。

塩地:ロケって本当にそうですよね。2冊目で(地元の)秋田で撮影したとき、前日に先輩たちが来てくれて号泣しちゃったんですよ。なので1日目の撮影は、目が腫れていて(笑)。ものすごく反省して、もう絶対、前の日はお酒を控えたりとか、泣かないぞ、と。そこで学びました。

――現場では、矢西さんとコンビネーションはうまくいきましたか?

塩地:阿吽の呼吸でしたね(笑)。結構、タイトなスケジュールだったんですよ。しかもいま、スタッフさんはマスクをされていて遠くにいるので、表情がわからないんですよ。ちょっと不安になるかなと思ったんですけど、そこは信頼関係があったので、まったく。みなさんの目の奥の輝きだけで癒されました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる