『キン肉マン』大魔王サタンは「稼げるレスラー」である ジャスティスマン戦で発揮したヒールの才能

『キン肉マン』大魔王サタンは「稼げるレスラー」である ジャスティスマン戦で発揮したヒールの才能

   プロレス的視点からキン肉マンの各シリーズのベストバウトを紹介していく本シリーズの第3回は、オメガ・ケンタウリの六鎗客編(コミック61〜72巻)の中から選出。ウルフマンをはじめとした超人オリンピック出場メンバーたちの奮戦。運命の5王子の参戦など話題も多かった今シリーズからは、この試合を取り上げてみたい。

第1回:2000万パワーズ、“名タッグ”として語り継がれる理由
第2回:名勝負ブラックホールvsジャック・チー戦に見る、“別人格ギミック”の面白さ

※以下、ネタバレが含まれます

大魔王サタンvs完璧陸式・ジャスティスマン

『キン肉マン(72)』表紙

 名レスラーの条件に、どんな相手でも客を満足させるプロレスができる”プロレスのうまさ”というものがある。プロレスは単に自分の強さだけを誇示すればいいというものでもない。自分の技を出し、相手の技を受け、時には観客を煽りながら会場全体の空気をコントロールし、支配して、観客に熱狂とカタルシスをもたらすことができるレスラーが、いわゆる「カネを稼げるレスラー」である。

 その一方で、自分だけが光ればいいという独善的な考えで、一方的に攻め、相手の技を受けず(受けられない場合もあるが)、相手の良さを殺しながら試合を展開するレスラーもいる。まったくスイングしない試合展開に観客も爆発するポイントが見出せず、戸惑いと混乱のまま凡戦に終わる。プロレスの隠語でそういった試合を「しょっぱい試合」と呼び、しょっぱい試合を連発するレスラーは「塩レスラー」と呼ばれ、また相手の土俵に乗らない頑固なレスラーを「カタいレスラー」と呼び、この称号を与えられるのはある意味レスラーにとって不名誉なことである。

 それでは究極に上手いプロレスラーと、究極にカタいレスラーが戦った場合、果たしてそれは名勝負となるのか、凡戦となるのか。この究極のほこたて対決が行われたのが、オメガ・ケンタウリの六槍客編のラストバトル、そうあの大魔王サタンvs完璧陸式・ジャスティスマンの一戦である。

 その存在は無印のときからファンに認識されており、かつてあの悪魔将軍に憑依していたことも手伝って、作中最後の大物悪役としてファンの期待を一手に背負っていた大魔王サタン。今回自らが画策したオメガの民による企みが失敗するや否や、自らの力で強引に企みを成功させようとついに実体化。刺々しい甲冑を纏ったそのマッチョな姿に、ファンの期待は嫌が応にも高まる。

 はたしてこの実体化したサタンに立ち向かうのは、勝てるのは? 激戦のダメージが深いスグル、アタル、運命の王子たち。各陣営の超人もサタンの結界を抜け出せずにいる中、サタンの前に立ちはだかったのが、完璧陸式・ジャスティスマンであった。このジャスティスマン、完璧始祖の中でもとんでもない強さと実力を誇り、先の戦いではアシュラマンを完膚なきまでに撃退、テリーマンには試合放棄で敗れたものの、テリーマンの攻撃にまともなダメージを受けたそぶりもない、デタラメな強さを見せつけていた。

 ……そう、強すぎるのである。相手の技を食らっても涼しい顔。自分の技は有無を言わさぬ破壊力で相手を壊しにかかる。対戦相手は腕をもがれ足をもがれ(もっとも最後はテリーが自分ではずれるように仕向けたのだが)のボロボロな状態を晒すのに、自分はまったくもってノーダメージ。

 このあまりにもセールをしない様子に、案の定読者からは「あの塩レスラーやばくね?」「カ……カテェ」という声が多数あがったことは言うまでもない。そんな塩すぎるジャスティスマンが、大魔王サタンに対していったいどんな戦いを見せてくれるのか? あのジャスティスマンが苦しむ、苦戦する、あまつさえ一敗地に塗れる姿が見れるのか? サタンの実力も未知数なだけあって、嫌が応にも読者の期待は高まった。そう、そのときは……。

 試合序盤、サタンがラスボスにふさわしい猛攻を繰り広げて、ジャスティスマンを攻め立てるのに、ジャスティスマンは全くもって無表情。それを気にせず攻撃を続けるサタンがフィニッシャーである「サタニックソウル・ブランディング」で一気に仕留めにかかり、見事技は炸裂……したのだが、ジャスティスマンは涼しい顔でニヤリ。そう、ラスボスのフィニッシャーに対してもセールをしない、完璧な塩レスラーっぷりを発揮してしまったのである、この大一番で。

 「やっちまったあの野郎……」読者は心の中でそう呟いたに違いない。そう、戦いが始まった最初の一話で、全ての読者がこの戦いの勝敗を確信してしまったのだ。そしてこのあとは、ただひたすらサタンがジャスティスマンに蹂躙され続けるという塩展開になるということを……。

 その予想の半分は当たることになる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる