『ハイキュー!!』木兎光太郎 コート上のエンターテイナーはいつも誰かのスターだった

『ハイキュー!!』木兎光太郎 コート上のエンターテイナーはいつも誰かのスターだった

「皆のおかげのエース」から「ただのエース」へ

 時を経て、木兎はVリーグチーム、ブラックジャッカルへ入団。日向のチームメイトであり、そしてチームには宮侑もいる。チームメイトとなった宮侑は木兎にこう言う。

「俺のセットで決められへん時『調子が悪い』って言い訳せんといてな???」

 圧のある言葉だ。しかし、木兎はケロッとして答える。

「ふっふっふ! 当然だ! 俺はただのエースだからな」

 木兎の「普通」は「普通じゃない」。彼にとって、どんなボールも打ち切るのが普通のエースなのだ。梟谷時代は、調子が悪いときはチームメイトたちがフォローをしてくれていた。しかし、春高が終れば木兎は卒業だ。そのとき彼が決意したのは「ただのエース」になること。

 楽しいことをしていたい木兎。それでも、春高の期間はもうすぐやってくるチームメイトとの別れを惜しんでいたのかもしれない。春高が始まったばかりのとき、赤葦に向かって、「やっぱりもっと皆とやりたかったなー!」と言っているのが印象的だ。

 中学時代、木兎の熱心な練習に他の部員たちがついてこなかった。陰口を言いながら、こっそりと練習から姿を消す。でも梟谷のチームメイトは、言いたいことは言いつつ、みんな木兎を愛していた。

 烏野高校が準々決勝で敗退した春高。梟谷は決勝に進出。しかし、一歩及ばず、準優勝に終わった。勝ちきれなかったのは自分のせいだという木兎に、チームメイトで同期の木葉が背中を叩く。

「お前…がんばれよ 超がんばれよ…!」
「めちゃめちゃめちゃ応援してっからな ただのエース!!」

 「皆のおかげのエース」から「ただのエース」へ。そしてきっと、たくさんの「誰かのスター」になるのだろう。

(文=ふくだりょうこ(@pukuryo))

■書籍情報
『ハイキュー!!』(ジャンプ・コミックス)既刊44巻
著者:古舘春一
出版社:株式会社 集英社
https://www.shonenjump.com/j/rensai/haikyu.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる