『ハイキュー!!』木兎光太郎 コート上のエンターテイナーはいつも誰かのスターだった

『ハイキュー!!』木兎光太郎 コート上のエンターテイナーはいつも誰かのスターだった

 バレーボールに青春をかける高校生達を描く『ハイキュー!!』。今回ピックアップするのは梟谷学園の主将でエースの木兎光太郎だ。梟谷学園と烏野高校は合同合宿で顔を合わせており、練習試合を重ねることで烏野高校躍進の一助となっている。春高では音駒と共に東京代表として出場した。

 スパイカーとしての実力は折り紙付き、しかし強い“だけ”ではない、木兎光太郎の魅力に迫る。

敵も味方も、観客もノせるエンターテイナー

 「正直、木兎さんの生態は未だよくわからない」そう語るのは梟谷学園の正セッター赤葦だ。

 ハイテンションで、調子が良いときは相手チームの士気まで高めてしまう。全力で楽しそうにバレーボールをする姿に観客も心を掴まれ、声援を送る。背中を押された木兎はさらにノる。

 サーブ、スパイクがパワフルなのはもちろんのこと、レシーブもうまく反射神経も抜群な木兎。絶好調なときは全国で5本指どころか3本指に入る、と言われるほどだ。しかし、調子が下がり、“しょぼくれモード”になると、これも手がつけられない。

「俺いつも クロスってどう打ってたっけ…?」

 普段できていたことができなくなったり、目立ちたがりな性格が災いして、観客が少ないと調子が下がってしまう。

 とはいえ梟谷は、そんな木兎を使いこなしている。普通は、エースの調子が下がればねらい目だが、そうはいかない。木兎の調子が戻るまで持ちこたえるし、なんなら逆転して見せる。木兎が引っ張るチームではなく、チームが木兎を引っ張るチーム。「6人で強い方が強い」ということを体現しているチームと言えるだろう。

木兎を映す セッター赤葦の存在

 梟谷の正セッターである赤葦が、梟谷への進学を決めたのは木兎のプレーを見たから。

「…漠然と“スター”だと思った」

 赤葦にとって、木兎は初めて見たときからずっとスターだった。木兎を観察し、分析し、どうやって好調を保つかを考え続ける。そして、一番近くにいるファンでもある。

「絶好調の木兎さんは見ていてとても気持ちいいですから」

 木兎は性格上、派手なプレーばかりを好むように見えるが、練習はひたすら地道だ。ブロックされるのも、レシーブやサーブミスするのも、バテるのも楽しくない。全部決めて、拾って、勝てばずっと楽しい。バレーボールをずっと楽しくするにはどうすればいい? 木兎の答えは、勝つための練習を重ねること。そして、ずっと勝ち続けたい。初期衝動を失わず、練習を地道に続けられる選手なのだ。

 試合中に調子が下がることはあっても、木兎はいつも楽しそうだ。それは「勝つ」という“楽しいもの”に向かって努力を重ねている自負があるからなのかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる