松本零士「私はいたって元気であります!」零時社が公式サイト開設

松本零士「私はいたって元気であります!」零時社が公式サイト開設

 漫画家・松本零士が82歳を迎える1月25日に、零時社の公式HP(https://leijisha.jp/)が開設された。零時社は松本零士・牧美也子夫妻が中心となって運営しているプロダクション。これまで、松本零士作品のHPはいくつか存在したが、零時社の公式HPは初となる。

 松本零士のプロフィールや作品リストはもちろん、零時社のメンバーである牧美也子、メカニックデザイナー板橋克己の作品や、メンバーのこれからの活動や新作についても随時紹介していくという。また過去の原作作品を中心にライセンスビジネスを本格化していく。さらに愛猫ミーくんによる松本零士の元気な姿、近況報告も予定されている。

 昨年11月、イタリアにて緊急搬送されたその後を心配する声が多く、松本本人からも、元気になったことをファンや関係者の皆様に伝えたいとの希望もあり、HPを開設することになったという。松本零士がファンへのメッセージとして帰国後すぐに完成させた、クリスマスカードを期間限定で紹介している。

退院してすぐに描き下ろしたB4判フルカラーのイラスト©松本零士/零時社

■松本零士・零時社公式サイト
https://leijisha.jp/

■ミーくんTwitter「トラジマのミーめ」をはじめとする数々の作品に登場する猫キャラは、松本零士の愛猫ミーくんがモデル。現在は4代目(雄)のミーくんが、先生の日常をつぶやいている。
@leijisha(https://twitter.com/leijisha

■松本零士プロフィール
1938年1月25日生まれ。福岡県久留米市出身(幼少年期は小倉市で過ごす)。漫画家。6歳の頃から絵を描き始め、9歳で運命的な本(『新寶島』『月世界紳士』いずれも著者は手塚治虫氏)との出会いをきっかけに漫画を描き始める。16歳の時に投稿作『蜜蜂の冒険』が「漫画少年」にて受賞掲載され、これが商業誌デビューとなる。実質的な漫画家デビューは1957年「少女」掲載の『黒い花びら』。しばらくは少女漫画誌での執筆が続く。1968年代に入り青年漫画誌が誕生し始めたころ「漫画ゴラク」に『セクサロイド』を発表。以降、青年漫画誌での執筆が増え、少年・青年漫画のジャンルで活躍するようになった。
代表作・『男おいどん』『ガンフロンティア』『宇宙戦艦ヤマト』『エメラルダス』『ザ・コクピットシリーズ』『宇宙海賊キャプテンハーロック』『銀河鉄道999』『新竹取物語1000年女王』ほか。

■牧美也子プロフィール
7月29日生まれ。兵庫県神戸市出身。 漫画家。高校卒業後、2年ほど銀行勤務をするが家業の事情で退社。家業を手伝いながら漫画を描き始める。22歳になった1957年『母恋ワルツ』にてデビュー。「少女」(光文社)で執筆。少女誌の創刊が続いた1960年代、「りぼん」、「マーガレット」(いずれも集英社)、「少女フレンド」、「なかよし」(いずれも講談社)などで活躍。その後、レディースコミックや青年誌の分野にまで執筆の場を広げ、多くの作品を発表。『悪女聖書(あくじょバイブル)』(原作:池田悦子)はテレビドラマ化もされた。
代表作・『マキの口笛』『りぼんのワルツ』『悪女聖書』『源氏物語』ほか。

■板橋克己プロフィール
1951年1月28日生まれ。東京都板橋区出身。メカデザイナー。もともとは松本零士氏のアシスタントであったが、4年ほどのサラリーマン生活を経て、劇場版『銀河鉄道999』でメカデザインを担当することに。以降、松本零士氏の漫画や映像作品にてメカデザインの多くを手掛ける。
主な著書・『零次元機械紀行』(共著・松本零士)、『零士メーターから始めるSFメカの描き方』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!