乃木坂46 賀喜遥香×筒井あやめが語る、加入から初選抜までの怒涛の日々と4期生の成長

乃木坂46 4期生 賀喜×筒井インタビュー

こんな緊張感、今まで味わったことない(賀喜)

ーー先輩メンバーとのMV撮影も、「夜明けまで強がらなくてもいい」が初めてでしたよね。

筒井:そうですね。ずっと4期生3人で固まっていて、時間が空いたら振りの確認をし合っていて。

賀喜:先輩に迷惑をかけちゃダメだって気持ちが強かったからね。先輩は本当にすごくて、1日で振り付けを完璧に仕上げてしまうので、追いついていくのに必死でした。

ーー今までは先輩たちがやってきた曲をお手本として覚えてきたけど、この新曲に関しては皆さんも先輩たちと同じタイミングに、ゼロから作っていったと。覚えるスピードがまったく違ったわけですね。

筒井:全然違いました(苦笑)。

賀喜:実際に仕上がった映像を観ても、私たちとはキレが全然違っていて、本当にダンスが美しくて。表情の作り込みも本当にすごくて、私の斜め後ろに白石(麻衣)さんがいるんですけど、同じ画面に映ったときの表情の差に愕然としましたし(苦笑)、そうやって並んだときの差を出したくないなって改めて思いました。

ーーMVを初めて観たときに感じたんですが、これは今このタイミングならではの映像だなと。フロント3人のみずみずしさや真新しさと、先輩メンバーの完成されたキラキラ感が一緒になったときのバランス感って、本当に今しか出せないものですし、グループとしても良い形で変化を表せたんじゃないかと思うんです。

賀喜:特に4期生の3人だけ制服ですしね。先輩たちは綺麗なドレスみたいな衣装を着て踊っているから、最初は「どうしよう?」と不安だったよね。

筒井:うん(笑)。

賀喜:こんな緊張感、今まで味わったことないよね(苦笑)。これが4期生のMVだったら、きっと4期生のファンの方がまず観てくれるじゃないですか。でもこれは乃木坂46というグループの最新シングルのMVだし、いろんな人が目にするものだと思うので、ドキドキします。

乃木坂46 『図書室の君へ』Short Ver.

ーー一方で4期生の楽曲「図書室の君へ」も収録されていますが、セリフの入った新しいタイプの楽曲ですね。

賀喜:そうですね。

筒井:(掛橋)沙耶香がセンターで、最初のセリフも彼女なんです。すごく可愛い曲ですよね。

賀喜:MVもストーリー性があるもので。

筒井:初めてだよね、こういったMVは。

賀喜:うん。沙耶香ってフワフワしているイメージがあると思いますけど、MVも本当にそういう感じで。青空と草原の白いお家、みたいな可愛らしさがあって。わかる?

筒井:わかる!(笑)。

賀喜:恋愛の曲なんですよね。歌詞にヘミングウェイが出てくるんですけど、個人的には「おおっ!」って思いました。「バレッタ」(※2013年11月発売の7thシングル曲)にも出てくるじゃないですか、〈ヘミングウェイを読みながら 僕はチラ見した〉ってフレーズが。

ーー今回も〈チラチラと横顔を盗み見て〉っていうフレーズがありますしね。

賀喜:この子は「バレッタ」と同じ子なのかな、そういう世界線がつながっていたりするのかなって想像すると楽しいですよね。MVだと「4番目の光」は爽やかだったので、今回は可愛さをより楽しめるんじゃないかな。

先輩の近くにいるぶん良いところを盗めるように頑張る(筒井)

ーーこのほかにも遠藤さん、賀喜さん、筒井さんは「僕の思い込み」にも参加しています。自分たちが参加した曲が3曲収録されることで、気持ち的にも緊張やワクワクが入り混じっているんじゃないかと思いますが、ここから選抜メンバーの一員としてどう頑張っていきたいですか?

賀喜:ちょっと不安もあるんですけど……テレビで観ていた乃木坂46というグループに自分がいて、テレビでパフォーマンスすることになるわけですよね? それが本当に不思議で、今は「どうしよう?」って気持ちです。

筒井:テレビに出て楽曲披露するとき、たぶん私たちを初めて観る方がほとんどだと思うので、とにかく今は精一杯頑張ることしかできないというか。この頑張りがいろんな結果につながっていけるように、3人で支え合わないといけないなと今は思います。

ーーでは、個人的に「これができたら」という目標はありますか?

賀喜:「シンクロニシティ」(※2018年4月発売の20thシングル曲)をパフォーマンスをしている先輩たちがすごく好きで、テレビ番組に出ていたら絶対に録画して観ていたんですけど、そこで山下(美月)さんが前に出てきて踊るシーンがすごく好きで。とっても憧れていたので、私もそういうふうにテレビでキラキラ輝けたらと思いますし、たぶんお母さんも観てくれるはずだから、自分もそういう姿を見せたいなと思います。先輩みたいに内側からあふれる美しさというか、そういうパフォーマンスができるようになりたいです。

筒井:私は先輩の中でも、飛鳥さんのダンスが一番好きで。あのしなやかさと首の角度が全メンバーで一番好きなんですけど、その飛鳥さんが隣で踊っているとやっぱり比べられちゃうと思うので、ダンスも表情も全部研究したいですし、一番近くにいるぶん良いところを盗めるように頑張ります(笑)。

(取材・文=西廣智一/写真=三橋優美子)

■リリース情報
シングル『夜明けまで強がらなくてもいい』
2019年9月4日(水)発売

 初回生産限定盤<CD+Blu-ray>
・Type-A:1,713円+税
・Type-B:1,713円+税
・Type-C:1,713円+税
・Type-D:1,713円+税
※初回特典
Music Video&特典映像収録
『全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券』封入特典
乃木坂46メンバー生写真封入特典

通常盤<CD>
972円+税

配信先リンクはこちらから

■全国ツアー情報
乃木坂46『真夏の全国ツアー2019』開催中
2019年8月14日(水)~15日(木)@京セラドーム
2019年8月30日(金)~9月1日(日)@明治神宮野球場

公式サイト

賀喜遥香と筒井あやめ サイン入りチェキプレゼント

乃木坂46 賀喜遥香と筒井あやめのサイン入りチェキを1名様にプレゼント。

 

■応募方法
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2019年9月18日(水)まで

あわせて読みたいインタビュー記事

乃木坂46ドキュメンタリー撮影で見えたグループの裏側とは? 岩下力監督インタビュー

乃木坂46 齋藤飛鳥×与田祐希に聞く、ドキュメンタリーの舞台裏「変化がマイナスだとは思ってない」

乃木坂46 桜井玲香&伊藤理々杏に聞く、先輩から後輩へと受け継がれる思い

乃木坂46 松村沙友理が語る、8年経って気付いた仕事に対する貪欲さ「私って本当に欲深いんです」

乃木坂46 新内眞衣が語る、新たなポジションの確立 「貪欲さが自分の中にあってよかった」

乃木坂46 北野日奈子が語る、活動休止と1st写真集で芽生えた良い変化「“新しい自分”を認められた」

乃木坂46 秋元真夏×松村沙友理×井上小百合が語る、個々が持つグループ外の居場所と帰るべき場所

乃木坂46 星野みなみに聞く、1st写真集での挑戦と“乃木坂の写真集が売れる理由”

乃木坂46 桜井玲香が語る“大躍進の2017年”経たグループの今「そろそろ仕掛ける側にならなくちゃ」

乃木坂46 久保史緒里と山下美月が考える3期生の現在地 「フレッシュさ以外の武器を持ちたい」

乃木坂46 堀未央奈、“2期生の躍進”を語る「頼りない人間だけど、私なりにみんなを支えたい」

乃木坂46 伊藤万理華&井上小百合が語る“表現者としての充実”とミリオン達成でも変わらないもの

乃木坂46 高山一実、初フロントの喜びとグループの現在地を語る「全部がいい方向に進んでいる」

乃木坂46新センター齋藤飛鳥、自身の成長を控えめに語る 「挑戦したことすべてに興味が出てきた」

乃木坂46 橋本奈々未&松村沙友理が考える変化の必要性「そろそろ乃木坂らしさに固執しなくても」

乃木坂46 中元日芽香&能條愛未が明かす、グループの“演劇性”とアンダーライブ革新の理由

乃木坂46深川麻衣が語り尽くす、旅立ちの決意「卒業は寂しいけど、悲しいことではない」

乃木坂46北野日奈子と寺田蘭世が明かす、“アイドルの楽しさ”と“3期生募集への焦り”

乃木坂46運営・今野義雄氏が語る、グループの“安定”と“課題” 「2016年は激動の年になる」

乃木坂46桜井玲香が語る“怒涛の2015年”と“期待の2016年”「戦わなきゃいけない相手が増える」

乃木坂46衛藤美彩と深川麻衣が考えるグループの現在地 「いろんな乃木坂を見せたほうがいい時期だと思う」

乃木坂46・生駒里奈がめざす“シーズン3”の自分とは?「新しい『強くて怖いもの』に出会わなきゃ」

乃木坂46・伊藤万理華と中元日芽香が語る“グループの勢い”とは?「個々の輝きが去年とは全然違う」

乃木坂46深川麻衣と若月佑美が語る、4年半の歴史と成長「グループにいるからこそチャンスを貰える」

「乃木坂46は、まだちっぽけな存在」 秋元真夏・生田絵梨花・高山一実が語る、グループの課題と未来

乃木坂46、秋元真夏・生田絵梨花・高山一実インタビュー 2014年に起きたグループの一大変化とは?

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる