黒木華の記事一覧

(118件)

黒木華の記事一覧です

『凪のお暇』に込められた“人生のハンドルを握る勇気” 黒木華が2つの恋に決着をつけた最終回

『凪のお暇』に込められた“人生のハンドルを握る勇気” 黒木華が2つの恋に決着をつけた最終回

「今ね、ちょっとだけ未来が楽しみなんだ」  金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系)が、ついに最終回を迎えた。“自分を変えたい“と、…

黒木華が選んだカッコ悪い自分に直面すること 『凪のお暇』が示す、人生を切り拓く勇気

黒木華が選んだカッコ悪い自分に直面すること 『凪のお暇』が示す、人生を切り拓く勇気

「カッコいい! 自分の足で立ってるうららちゃんママも、自分の意思でお友だち選んでるうららちゃんとお友だちも! 超、超カッコいい!…

『凪のお暇』愛は毒にも薬にもなりうる ゴン(中村倫也)がメンヘラ製造機たる所以が明らかに

『凪のお暇』愛は毒にも薬にもなりうる ゴン(中村倫也)がメンヘラ製造機たる所以が明らかに

「あいつとうまくやっていくには、用法用量守らなきゃダメ。依存したら終わりだよ?」  金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系)第4話で…

『凪のお暇』のキーワードは「変わりたい女と変わってほしくない男」 原作を上回る慎二の存在感

『凪のお暇』のキーワードは「変わりたい女と変わってほしくない男」 原作を上回る慎二の存在感

漫画原作のドラマが中心の時代にあって、単に漫画をなぞるのではなく、ドラマ独自のテーマが必要なときが来ているのではないか。  ド…

中村倫也が提示する様々な幸せの形 『凪のお暇』が描く“持つ者と持たざる者“

中村倫也が提示する様々な幸せの形 『凪のお暇』が描く“持つ者と持たざる者“

「何もないなら、何もないなりに、楽しんじゃおうよ」  安定した仕事も、「いいね」を押し合う人間関係も、都心の部屋も、女子力の高…

黒木華は自分が好きな自分を模索する 『凪のお暇』が描く“空気を読む”ということ

黒木華は自分が好きな自分を模索する 『凪のお暇』が描く“空気を読む”ということ

「空気って読むものじゃなくて、吸って吐くものだ」  ついに始まった金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系)。コナリミサトによる同名漫…

ファーストサマーウイカ、黒木華主演『凪のお暇』で連ドラ初レギュラー 1話ごとに違う役柄で登場

ファーストサマーウイカ、黒木華主演『凪のお暇』で連ドラ初レギュラー 1話ごとに違う役柄で登場

7月19日22時からスタートする金曜ドラマ『凪のお暇』に、歌手・タレントとして活動しているファーストサマーウイカが出演することが…

『イノセンス』市川実日子が出ていれば間違いない!? 役者に寄せられる“信頼感”が視聴者を動かす

『イノセンス』市川実日子が出ていれば間違いない!? 役者に寄せられる“信頼感”が視聴者を動かす

坂口健太郎が身近に潜む冤罪の恐怖と向き合い、犠牲となった人々を救うドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、以下『イノセン…

菊地凛子演じる呉羽はなぜ魅力的だったのか 『けもなれ』が問いかけた“自分の人生を生きる”こと

菊地凛子演じる呉羽はなぜ魅力的だったのか 『けもなれ』が問いかけた“自分の人生を生きる”こと

『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が幕を閉じて1週間。印象的なセリフが多かった本作だが、筆者の中ではこの言葉に鐘が鳴った。 …

野木亜紀子が再び描いた“逃げる”ということ 『けもなれ』は作り手の本気度が伝わる作品に

野木亜紀子が再び描いた“逃げる”ということ 『けもなれ』は作り手の本気度が伝わる作品に

先日最終回を迎えた『獣になれない私たち』(日本テレビ系、以下『けもなれ』)は、苦い作品だった。  主人公の深海晶(新垣結衣)は…