水沢エレナの記事一覧

(35件)

水沢エレナの記事一覧です

小芝風花の軽やかな一歩に見えたもの 『モコミ』最終話で迎えたそれぞれの“今らしい”結末

小芝風花の軽やかな一歩に見えたもの 『モコミ』最終話で迎えたそれぞれの“今らしい”結末

「もしまた萌子美の力が戻ってモノと話せるようになったら、その力を何に使いたい?」ーー祖父の須田観(橋爪功)からの問いかけに、萌子…

小芝風花の抜群の表現力が光る 『モコミ』最終話に向けて広がる優しい世界

小芝風花の抜群の表現力が光る 『モコミ』最終話に向けて広がる優しい世界

「もしまた萌子美の力が戻ってモノと話せるようになったら、その力を何に使いたい?」――花やモノ、相棒でぬいぐるみのトミーの声さえ全…

小芝風花、『モコミ』クランクアップ 「難しい役柄で、悩みながら作っていきました」

小芝風花、『モコミ』クランクアップ 「難しい役柄で、悩みながら作っていきました」

テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の主人公・清水萌子美を演じる小芝風花らキャスト一同がクランクアッ…

小芝風花が表現する主人公の心の機微 『モコミ』萌子美に訪れた変化が最終回へのカギに

小芝風花が表現する主人公の心の機微 『モコミ』萌子美に訪れた変化が最終回へのカギに

「自分がどこにいるのかわかんなくなっちゃった。私が私じゃないみたいで」ーー花やモノ、相棒でぬいぐるみのトミーの声さえ全く聞こえな…

『モコミ』小芝風花が体現する“世界”との距離の取り方 加藤清史郎との恋の行方にも注目

『モコミ』小芝風花が体現する“世界”との距離の取り方 加藤清史郎との恋の行方にも注目

「これにて良いお兄ちゃんの役を降板させていただきます」――俊祐(工藤阿須加)の唐突な宣言から始まった土曜ナイトドラマ『モコミ~彼…

加藤清史郎、『モコミ』で自身のキャリアとも重なる役を好演 工藤阿須加は“裏の顔”も

加藤清史郎、『モコミ』で自身のキャリアとも重なる役を好演 工藤阿須加は“裏の顔”も

一見したところ「爽やかな好青年」という共通点があるかに見えた岸田佑矢(加藤清史郎)と俊祐(工藤阿須加)という萌子美(小芝風花)を…

小芝風花主演『モコミ』が説く親子関係の難しさ 母・千華子を縛る世間の目という“呪い”

小芝風花主演『モコミ』が説く親子関係の難しさ 母・千華子を縛る世間の目という“呪い”

「萌子美の10年間を奪ってしまってごめんなさい」ーー土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)第5話は…

小芝風花×加藤清史郎に恋の予感も? 『モコミ』明らかになった清水家が抱える“闇”

小芝風花×加藤清史郎に恋の予感も? 『モコミ』明らかになった清水家が抱える“闇”

土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)第4話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)のほのかな初恋が動…

白濱亜嵐、『モコミ』第8話に本人役で出演 「どんな風に演じればいいのか考えました」

白濱亜嵐、『モコミ』第8話に本人役で出演 「どんな風に演じればいいのか考えました」

小芝風花主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第8話に、主題歌「雨のち晴れ」を歌うGENERAT…

小芝風花×水沢エレナ再共演で描く心の交流 『モコミ』第3話で見えた主人公の成長

小芝風花×水沢エレナ再共演で描く心の交流 『モコミ』第3話で見えた主人公の成長

新土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)第3話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)が初めて家族以外…

工藤阿須加が憎めない兄役を好演 『モコミ』小芝風花が新たな世界へ飛び出す

工藤阿須加が憎めない兄役を好演 『モコミ』小芝風花が新たな世界へ飛び出す

新土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)第2話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)が大きな一歩を踏…

『モコミ』第1話から小芝風花の魅力が炸裂! モノと話せる少女役で好演光る

『モコミ』第1話から小芝風花の魅力が炸裂! モノと話せる少女役で好演光る

新土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)では、第1話から主人公の清水萌子美を演じる小芝風花の魅力が…

加藤清史郎、『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』で小芝風花の恋の相手に 「僕でいいのでしょうか?」

加藤清史郎、『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』で小芝風花の恋の相手に 「僕でいいのでしょうか?」

小芝風花主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』に、加藤清史郎が出演することが決定した。  本作…

『パーフェクトワールド』王道ラブストーリーとして伝えた、認め合う人々の姿 最終回は菅田将暉も

『パーフェクトワールド』王道ラブストーリーとして伝えた、認め合う人々の姿 最終回は菅田将暉も

つぐみ(山本美月)にプロポーズをした樹(松坂桃李)は、ずっと2人の交際を反対しつづけてきたつぐみの父・元久(松重豊)の許しを得る…

松坂桃李主演『パーフェクトワールド』10月ソフト化へ 特典にはメイキング映像&WEB配信ドラマも

松坂桃李主演『パーフェクトワールド』10月ソフト化へ 特典にはメイキング映像&WEB配信ドラマも

本日6月25日に最終回を迎えたドラマ『パーフェクトワールド』のBlu-ray&DVDが、10月16日に発売されることが決定。あわ…

『パーフェクトワールド』は物語最大の山場に “ライバル”瀬戸康史&中村ゆりが下した決断

『パーフェクトワールド』は物語最大の山場に “ライバル”瀬戸康史&中村ゆりが下した決断

「人生いつ何が起こるかわからない。だからせめて、1日1日を後悔しないように生きよう」。20歳の頃に事故にあった現場につぐみ(山本…

早見あかりが語る、主演作『女の機嫌の直し方』で得たもの 「受け入れることが何よりも大事」

早見あかりが語る、主演作『女の機嫌の直し方』で得たもの 「受け入れることが何よりも大事」

『共感障害 ~“話が通じない”の正体』『妻のトリセツ』などで知られる黒川伊保子の同名書を原案とした映画『女の機嫌の直し方』が6月…

『パーフェクトワールド』山本美月が気づいた、松坂桃李への後悔 最終回が迫るなか波乱の予感

『パーフェクトワールド』山本美月が気づいた、松坂桃李への後悔 最終回が迫るなか波乱の予感

高木夫妻の新居の地鎮祭の日、突然大きな地震が発生し、樹(松坂桃李)と連絡が取れないことに不安を感じたつぐみ(山本美月)は家を飛び…

『パーフェクトワールド』近づく瀬戸康史と山本美月の距離 松村北斗×岡崎紗絵の関係にも進展が

『パーフェクトワールド』近づく瀬戸康史と山本美月の距離 松村北斗×岡崎紗絵の関係にも進展が

樹(松坂桃李)が高木圭吾(山中崇)からの設計依頼を断ったことを知ったつぐみ(山本美月)は直接東京まで出向き、樹に高木夫妻の想いを…

『パーフェクトワールド』は新たな展開に 松坂桃李×山本美月が目指す「心のバリアフリー」とは?

『パーフェクトワールド』は新たな展開に 松坂桃李×山本美月が目指す「心のバリアフリー」とは?

「障がい持ってる方が壁を作ったら、相手は入ってこようにも入ってこれない。それを取 っ払うのが、心のバリアフリーってやつじゃな…

松坂桃李に訪れる苦悩と不安とは 『パーフェクトワールド』が迎えた、1つの大きな山場

松坂桃李に訪れる苦悩と不安とは 『パーフェクトワールド』が迎えた、1つの大きな山場

樹(松坂桃李)に内緒で介護の勉強に明け暮れていたつぐみ(山本美月)は、疲労が蓄積して樹の目の前で駅のホームから転落してしまう。間…

SixTONES 松村北斗×岡崎紗絵の関係の行方は? 『パーフェクトワールド』は衝撃的な展開に

SixTONES 松村北斗×岡崎紗絵の関係の行方は? 『パーフェクトワールド』は衝撃的な展開に

ヘルパーの長沢(中村ゆり)への嫉妬心を募らせ、樹(松坂桃李)を自分で支えることができるようになるため介護の勉強を始めたつぐみ(山…

『パーフェクトワールド』瀬戸康史&中村ゆりの登場で、物語は四角関係に ドラマならではの脚色も

『パーフェクトワールド』瀬戸康史&中村ゆりの登場で、物語は四角関係に ドラマならではの脚色も

“諦め”と“犠牲”。事故に遭って以来、恋愛を一生しないと決めていた樹(松坂桃李)の心を動かし、想いを成就させたつぐみ(山本美月)…

『パーフェクトワールド』は王道かつ見応えあるドラマに 松坂桃李が葛藤の末に取り戻した希望とは

『パーフェクトワールド』は王道かつ見応えあるドラマに 松坂桃李が葛藤の末に取り戻した希望とは

初恋の相手と運命の再会を果たすも、その人は車椅子生活を余儀なくされていた。つい最近映画化もされた有賀リエの同名漫画を原作にした火…