>  >  > 『パーフェクトワールド』衝撃の展開

SixTONES 松村北斗×岡崎紗絵の関係の行方は? 『パーフェクトワールド』は衝撃的な展開に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヘルパーの長沢(中村ゆり)への嫉妬心を募らせ、樹(松坂桃李)を自分で支えることができるようになるため介護の勉強を始めたつぐみ(山本美月)。没頭すると周りが見えなくなる性格によって連日夜遅くまで勉強に励みすっかり疲れ切ったつぐみと、彼女を心配する是枝(瀬戸康史)。5月14日に放送された火曜ドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)の第4話は、そのクライマックスに待ち受けていた、つぐみが駅のホームから転落するという衝撃的な展開へとつながるストーリーが描き出され、本ドラマの恋愛要素を担う4人の関係性がじわじわと進んでいく。

 そんな中で、今回大きくフィーチャーされていたのは樹にとって設計事務所の後輩であり車椅子バスケのチームメイトで、10年来の友人でもある晴人(松村北斗)の物語だ。左足が義足の晴人は、仕事の途中で階段から転倒し足に痛みを覚える。病院で切断部の腫れがひくまで義足は使わないようにと言われた彼は、痛みをこらえながらレンタル彼女で再びしおり(岡崎紗絵)を指名。その後もしおりへの想いを募らせる一方、彼女の指名をなかなか取ることができない晴人は、偶然街でしおりが他の客といるのを目撃。その客に襲われそうになったしおりを助けるのだが、またしてもしおりから障がいがある人とは付き合えないと言われてしまうのだ(その理由として「姉の彼氏が車椅子」だと聞かされるが、しおりがつぐみの妹だとは気付いていない)。

 すっかり落ち込んだ晴人は、渡辺(木村祐一)と衝突し「障がいを乗り越えるとか受け入れるとか無理なんだよ。そんなの何年かかったってできることじゃない」と語り、その言葉を聞いた樹は、健常者へのコンプレックスを抱えながらも障がい者にしかできないことがあるのだと伝える。障がい者と健常者の恋愛をメインテーマに描く本作ではあるが、樹とつぐみの関係には過去から続いていた強固な想いが存在する。しかし晴人としおりの関係は、出会いから一歩一歩築き上げられていく。原作にはない設定で描き出されるこの2人の関係は、メインカップルとはまた異なるアプローチでこのドラマの重要な一部を担うのではないだろうか。

      

「SixTONES 松村北斗×岡崎紗絵の関係の行方は? 『パーフェクトワールド』は衝撃的な展開に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版