工藤阿須加が憎めない兄役を好演 『モコミ』小芝風花が新たな世界へ飛び出す

『モコミ』工藤阿須加が頼りない兄役を好演

 新土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)第2話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)が大きな一歩を踏み出した。前話に続いて自身の本音を母親の千華子(富田靖子)にぶつけ、実は兼ねてから胸の内に秘めていた「自分がやりたいこと」を初めて打ち明ける。それは兄の俊祐(工藤阿須加)が営む花屋で一緒に働きたいという夢だった。

 もちろん母親は「人とコミュニケーションを取らなきゃいけない仕事ができると思う?」と反対する。それに対して萌子美は「母さんはいつも私を隠そうとしてきた。生まれてこない方がよかったのかなって思ってた」と真っ向から自分の思いを口に出すことができたのだった。

 部品の不良品仕分けバイトをしている工場に辞めたいことを伝えると、工場の皆は送別会を開いてくれ、そこで萌子美は自分が今まで大きな誤解をしてきたことに気づく。工場のメンバーたちは本当は自分に興味を持ってくれていたが、一人で黙々と作業するのが好きそうな萌子美に対して邪魔しまいと話しかけるのを遠慮していたのだった。それを萌子美は自分が変な子だから皆が関わりを持ちたがっていないと思い込み、自分から周囲を避けていたことを初めて知るのだった。それはあまりに近くに“自分の夢”があるにもかかわらず、そこに手を伸ばすことさえ許されず遠ざけられてきた彼女からすれば、「世界がひっくり返る」ような体験だったのだろう。 

 「子どものため」と我が子を思うあまり、悪気はなく先回りして極力障害がないように取り除こう、それどころか娘を外の世界に出さないようにしようと口うるさい母親と、その母親に気圧されて、というより半ば生気を吸い取られて何も言えない父親(田辺誠一)、そこに争いを好まず中立であろうとするも頼り甲斐には少し欠ける兄役に工藤阿須加を持ってきたのが絶妙である。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる