『モコミ』第1話から小芝風花の魅力が炸裂! モノと話せる少女役で好演光る

『モコミ』第1話から小芝風花の魅力が炸裂! モノと話せる少女役で好演光る

 新土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)では、第1話から主人公の清水萌子美を演じる小芝風花の魅力が炸裂していた。副題にある通り、彼女は一風変わっているのだが、それは彼女が持つ人とは違う不思議な感覚ゆえのことだ。萌子美は幼少期からヌイグルミや植物、石など感情を持たないとされるモノの気持ちがわかってしまい、それがため散々変人扱いされたり大人から叱られたりしてきた経験から、他人との関わりを極力避け、ひっそりと生きてきたのだ。

 今は工場で不良品がないか部品のチェックをするバイトをしているのだが、高いところにある窓が“泣いている”ことに気づいた萌子美は窓拭きをしようと上った脚立から落下。なぜそんなことをしたのか誰にも理由を説明できない彼女はバイトを休んでしまう。

 第1話では、そんな塞ぎ込みがちな彼女と、彼女を心配するあまり変に気を使ってばかりの母親はじめ清水一家のもとに、15年ぶりに祖父の須田観(橋爪功)が訪れる。幼少期、たった一人自分のことを嘘つき呼ばわりせずに最後まで信じてくれて味方だった祖父との再会に、萌子美も生まれ変わることを決意する。

 これまで小芝風花主演ドラマと言えば、同放送枠だった『妖怪シェアハウス』での目黒澪役や、『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)での小林苺役など、破茶滅茶な世界観に巻き込まれ強烈な周囲に“振り回される側”にいることが多かった。それが本作では本人にそんな意図はなくとも小芝演じる主人公が特殊能力のために周囲を“振り回す”側に配置されているのがおもしろい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる