小芝風花×水沢エレナ再共演で描く心の交流 『モコミ』第3話で見えた主人公の成長

小芝風花×水沢エレナ再共演で描く心の交流 『モコミ』第3話で見えた主人公の成長

 新土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)第3話では、主人公の清水萌子美(小芝風花)が初めて家族以外の人間に「本音」を伝えた。

 兄の俊祐(工藤阿須加)が営む花屋で働き始めた萌子美は、花の気持ちがわかってしまうがゆえにフラワーアレンジメントを作るにも花が心地良い場所に配置しようとする。しかし、それを「バランスを整えるため」と言って店員の依田涼音(水沢エレナ)がテコ入れをする。モヤモヤする萌子美だが、もちろんそれを口にすることはできない。その後もお客様への対応ミスがあり理由を聞くも何も話さない萌子美の様子に涼音は「本当のことを言ってくれていいんだよ。言わないとわかんないから」と伝え、萌子美は不甲斐なさから混乱してしまう。

 ただ、第2話で「周りが自分と関わりたくないと思っているのではなく、実は自分が避けていただけだった」という事実に気づいた萌子美は、今回は意を決して、自分の想いを言葉にする。

「本音は言えないっていうのが私の本音です。本音を話そうとすると色々考えちゃって話せなくなる。自分を隠したくはないけど今は言えないっていうのが私の本音です。でも涼音さんや真由さん(内藤理沙)とお客さんに喜んでもらえるお花を作りたいっていうのが私の本音です」

 こんなことを口に出しても相手に伝わるのか、変に思われたらどうしようと半信半疑の萌子美に、涼音は「よくわかんないけど、でも伝わったよ」としっかり彼女の想いを受け止めた。こうして萌子美はまた外の世界の人間と心を通わせていく。振り絞った勇気の分だけ前に進んでいくのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる