宇野維正の記事一覧

(320件)

初登場6位『クリード 炎の宿敵』 スタローンの「引きの美学」は功を奏したか?

初登場6位『クリード 炎の宿敵』 スタローンの「引きの美学」は功を奏したか?

異例尽くしの『ボヘミアン・ラプソディ』 遂に2018年度興収1位作品の座も確実に

異例尽くしの『ボヘミアン・ラプソディ』 遂に2018年度興収1位作品の座も確実に

『アリー/ スター誕生』初登場6位 大ヒットスタートを切れなかった3つの誤算

『アリー/ スター誕生』初登場6位 大ヒットスタートを切れなかった3つの誤算

初登場1位は『ドラゴンボール超 ブロリー』 作品至上主義を貫く東映の手法とは?

初登場1位は『ドラゴンボール超 ブロリー』 作品至上主義を貫く東映の手法とは?

正月映画にホラーは無謀だった!? 『来る』に観客が来なかった理由

正月映画にホラーは無謀だった!? 『来る』に観客が来なかった理由

加速する『ボヘミアン・ラプソディ』現象 公開5週目にして3週目『ファンタビ』をまさかの逆転!?

加速する『ボヘミアン・ラプソディ』現象 公開5週目にして3週目『ファンタビ』をまさかの逆転!?

この秋の隠れたヒット作 『スマホを落としただけなのに』と『日日是好日』から学ぶべきもの

この秋の隠れたヒット作 『スマホを落としただけなのに』と『日日是好日』から学ぶべきもの

宇野維正×レジーによる『日本代表とMr.Children』刊行

宇野維正×レジーによる『日本代表とMr.Children』刊行

レディー・ガガの華麗なる逆襲 『アリー/スター誕生』でオスカー&グラミーどちらも射程内に

レディー・ガガの華麗なる逆襲 『アリー/スター誕生』でオスカー&グラミーどちらも射程内に

ロックバンドの伝記映画は鬼門? 過去データから『ボヘミアン・ラプソディ』の「奇跡」を探る

ロックバンドの伝記映画は鬼門? 過去データから『ボヘミアン・ラプソディ』の「奇跡」を探る

アメリカ音楽のルーツを辿る旅へーー宇野維正『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』評

アメリカ音楽のルーツを辿る旅へーー宇野維正『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』評

『ボヘミアン・ラプソディ』爆発的ヒット! 勝因は「クイーン中心史観」と「イベントムービー化」

『ボヘミアン・ラプソディ』爆発的ヒット! 勝因は「クイーン中心史観」と「イベントムービー化」

『ヴェノム』大ヒットスタート! 「日本で当たるアメコミ映画」と「日本でコケるアメコミ映画」

『ヴェノム』大ヒットスタート! 「日本で当たるアメコミ映画」と「日本でコケるアメコミ映画」

小規模公開ながら大健闘 『search/サーチ』のような作品を日本映画界は目指すべき!?

小規模公開ながら大健闘 『search/サーチ』のような作品を日本映画界は目指すべき!?

まだ続いていた!? 『コナン』vs『コード・ブルー』、年間興収1位をめぐる死闘は最終ラウンドに

まだ続いていた!? 『コナン』vs『コード・ブルー』、年間興収1位をめぐる死闘は最終ラウンドに

本国より早く日本公開された『アンダー・ザ・シルバーレイク』 その危機一髪の裏事情

本国より早く日本公開された『アンダー・ザ・シルバーレイク』 その危機一髪の裏事情

公開3週目にして動員アップ中の『若おかみは小学生!』  ネット発ヒットの可能性と限界

公開3週目にして動員アップ中の『若おかみは小学生!』  ネット発ヒットの可能性と限界

初登場5位『クワイエット・プレイス』にみる、「ネタバレしてはいけない作品」の境界線

初登場5位『クワイエット・プレイス』にみる、「ネタバレしてはいけない作品」の境界線

公開14週目にして再びランクアップ 『カメラを止めるな!』の奇跡を総括する

公開14週目にして再びランクアップ 『カメラを止めるな!』の奇跡を総括する

初登場6位『響 -HIBIKI-』 注目すべきなのは、主演の平手友梨奈だけじゃない

初登場6位『響 -HIBIKI-』 注目すべきなのは、主演の平手友梨奈だけじゃない

初登場1位『MEG ザ・モンスター』 中国マーケット向けハリウッド大作の倒錯した楽しみ方

初登場1位『MEG ザ・モンスター』 中国マーケット向けハリウッド大作の倒錯した楽しみ方

日本映画界が患うリメイク病? 同じ原作の実写/アニメや韓国作品リメイクが生まれる理由

日本映画界が患うリメイク病? 同じ原作の実写/アニメや韓国作品リメイクが生まれる理由

『検察側の罪人』初登場1位 映画は「スターの時代」から「アンサンブルの時代」へ

『検察側の罪人』初登場1位 映画は「スターの時代」から「アンサンブルの時代」へ

木村拓哉と二宮和也、アプローチの異なる名演! 『検察側の罪人』が必見作である理由

木村拓哉と二宮和也、アプローチの異なる名演! 『検察側の罪人』が必見作である理由

『銀魂2』、前作超えを狙える好発進 映画は続編を作るためにこそある!?

『銀魂2』、前作超えを狙える好発進 映画は続編を作るためにこそある!?

『オーシャンズ8』初登場5位 「00年代以降の洋画」を象徴する『オーシャンズ』シリーズ

『オーシャンズ8』初登場5位 「00年代以降の洋画」を象徴する『オーシャンズ』シリーズ

大ヒットスタート『コード・ブルー』が示した、テレビドラマを映画化する際のロールモデル

大ヒットスタート『コード・ブルー』が示した、テレビドラマを映画化する際のロールモデル

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版