>  >  > 北山宏光主演『トラさん』に飯豊まりえら出演

飯豊まりえがお嬢様猫、バカリズムがあの世の関所の裁判長に 北山宏光初主演映画『トラさん』続報

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2の北山宏光の初主演映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』に、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズムが出演することが発表された。

 2014年より集英社『月刊YOU』にて連載されている板羽皆のマンガ『トラさん』を実写映画化した本作は、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまった売れないマンガ家の高畑スズオが、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」という“あの世の関所”の判決により、トラ猫の姿で人生を挽回しようとする模様を描いた物語。映画初主演となる北山が、主人公の売れないマンガ家・高畑スズオと猫のトラさんの“二役”を担うほか、多部未華子が妻・ナツコ、平澤宏々路が娘・ミユ役を務める。

 突然の交通事故で死んでしまったスズオが向かったあの世の関所の裁判長役でバカリズムが出演。家族を顧みず、自分勝手に生きてきたスズオを“猫”として家族の元へ戻し、これまでの人生を挽回するよう課題を与える、重要な役どころを担う。飯豊は、猫の“トラさん”になったスズオの良き理解者であり、アドバイスを与えるお嬢様猫・ホワイテスト役で、キュートな猫姿を披露。要は、スズオの同期でいまや超売れっ子のカリスマ漫画家・浦上栄剛役を務め、多趣味な浦上のキャラクターを演じるにあたり、劇中では瓦割やチェンバロ演奏に挑戦している。さらに富山がスズオの担当編集者・桜木亜子役で、北山演じるスズオと独特でコミカルなかけ合いを繰り広げる。

■公開情報
『トラさん~僕が猫になったワケ~』
2019年 2月15日(金)全国ロードショー
出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズム
原作:『トラさん』板羽皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧昌也
脚本:大野敏哉
音楽:渡邊崇
配給:ショウゲート
(c)板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会
公式サイト:torasan-movie.jp

「飯豊まりえがお嬢様猫、バカリズムがあの世の関所の裁判長に 北山宏光初主演映画『トラさん』続報」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版