>  >  > 『ブラック・スキャンダル』メイキング公開

ジョニー・デップ「ビジョンに圧倒された」 『ブラック・スキャンダル』メイキング映像公開へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ブラック・スキャンダル』メイキング映像

 ジョニー・デップが主演を務める『ブラック・スキャンダル』のメイキング映像が公開された。

 『ブラック・スキャンダル』は、1975年のボストンで実際に起こった、ギャングのボス、FBI捜査官、大物政治家によるFBI史上最悪の汚職事件を描いたクライムサスペンス。ギャングのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー役にジョニー・デップ、FBI捜査官のジョン・コノリー役にジョエル・エドガートン、バルジャーの弟で政治家のビリー・バルジャー役にベネディクト・カンバーバッチが揃うほか、ケビン・ベーコン、ダコタ・ジョンソンらが脇を固める。『クレイジーハート』『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパー監督がメガホンを取る。

 このたび公開されたメイキング映像では、撮影の様子とともにキャスト・スタッフによるインタビュー映像が収録されている。コノリー役を演じたエドガートンは、クーパー監督について、「スコット・クーパーは若手の実力派で、作品ごとに力をつけている。ギャングの生き様を美化せずに描くのが彼の特徴だ」と語る。バルジャー役を演じたデップも、「スコットはやり手だ。現場での彼の有能さとビジョンに圧倒されたよ」とクーパー監督に対する賞賛の言葉を口にしている。

 クーパー監督は本作のポイントについて、「事実は小説よりも奇なり。作品に描かれる2人の男の力関係が魅力的だ。街で最も危険な悪党ホワイティ・バルジャーと、旧友でFBI捜査官のジョン・コノリー。コノリーのせいでバルジャーが大暴れする。FBI史上最大のスキャンダルだ」と解説し、「才能豊かで、チームワークもいい役者が集まって、良い演技をしてくれた」と作品の完成度に自信をのぞかせている。

 ホワイティ・バルジャーの弟で大物政治家のビリー・バルジャー役を演じたカンバーバッチも、「スコットには役者を惹きつける魅力がある。俳優出身だから、役者の気持ちが分かるんだ」とクーパー監督を絶賛している。また、用心棒のウィークス役を演じたジェシー・プレモンズや、製作を務めたジョン・レッシャーのインタビューも収められている。

■公開情報
『ブラック・スキャンダル』
1月30日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス、デイビッド・ハーバー、ダコタ・ジョンソン
監督・製作:スコット・クーパー
原作:ディック・レイア&ジェラード・オニール「ブラック・スキャンダル」角川文庫刊
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Black Mass/全米公開:2015年9月18日/123分/R15+
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式サイト:www.black-scandal.jp

「ジョニー・デップ「ビジョンに圧倒された」 『ブラック・スキャンダル』メイキング映像公開へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版