現役続行を発表した羽生結弦 昨シーズンを総括した写真集「羽生結弦2021-2022」発売決定

写真集「羽生結弦2021-2022」発売決定

 フィギュアスケート界の至宝、羽生結弦。オリンピック後の去就が注目されていた中、7月1日に日本スケート連盟を通じ「いつも応援いただき本当にありがとうございます。今シーズンもより高みを目指して頑張ります」とコメントを発表。現役続行を発表したことで日本をはじめ、海外からも祝福の声が多数寄せられている。

 そんな中、ファンに嬉しいニュースが続く。スポーツ報知から、フィギュアスケート羽生結弦選手の2021-2022年シーズンを振り返る写真集「羽生結弦2021-2022」(撮影=東京本社編集局写真部 矢口亨、テキスト=同運動2部 高木恵)を7月29日(金)に発売することが決定した。

 本書では、前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を追った羽生結弦の挑戦の軌跡を、表紙、本文166ページ合わせ204点の写真で振り返る内容だ。カバー裏にはアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」の写真を全面に入れる趣向を凝らしたデザイン。「羽生結弦というアスリートの姿を通して、自分の理想に向かって挑戦を続ける限りその人の人生は常にハッピーエンドなんだということを伝えたいと思って作りました」と矢口カメラマンが語る自信作となって言える。全日本選手権、北京五輪のショートプログラム(SP)、フリー、過去のプログラムを滑ったサブリンクでの練習、エキシビションを、ストーリー性を重視した構成である。



<出版概要>
タイトル:『羽生結弦 2021-2022』
出版日: 2022年7月29日(金)
価格: 3,850円(本体3,500円+税)
出版: 報知新聞社出版部
体裁: 297mm×297mm正方形オールカラー 本文166頁 ソフトカバー
発売: YC(読売新聞販売店)、全国の書店、各種ウェブサイト、報知新聞社通販サイト「ショップ報知」 (https://shop.hochi.co.jp/

さらにこの夏、報知新聞社はスポーツ報知 創刊150周年報道写真展「瞬間の記憶」(7月16日(土)~31日(日)東京都写真美術館、無料)を開催。羽生結弦選手が出場した3度の五輪の写真を始め、戦後のスポーツシーンの決定的瞬間151点や新聞紙面、超特大写真なども展示する予定だ。

 羽生結弦の現役続行が決まり、ファンにとっては歓喜のニュースが続く。これからの羽生からは目が離せない。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる