Snow Man 目黒蓮、『消えた初恋』井田浩介がハマり役となった理由 性格の共通点を探る

目黒蓮『消えた初恋』ハマり役のワケ

 Snow Man・目黒蓮となにわ男子・道枝駿佑がW主演を務めているドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)。その原作が、最高にラブコメをしていて面白い。

 『消えた初恋』は別冊マーガレットに連載されている少女漫画。『俺物語!!』を手掛けたアルコが作画、ひねくれ渡が原作を担当している作品で、『このマンガがすごい!2021』オンナ編で9位、『第11回 ananマンガ大賞』準大賞になるなど、注目を集めている作品だ。その登場人物の1人が、目黒演じる井田浩介だ。Snow Man・佐久間大介が2021年9月9日放送の『Snow Manの素のまんま』(文化放送)で「(目黒は)井田くん、めっちゃ似合う」と語っていた通り、目黒とのシンクロ率が非常に高く、原作ファンも納得できるドラマとなっているのではないだろうか。

 井田は、高校2年生のバレー部員。きちんとしていて真っ直ぐな性格かつ、思ったことをストレートに口にする硬派で真面目な男である。原作でも、合コンで出会った竹内ココロに今の髪色とピンクの髪色どっちが良いか聞かれると、「校則違反じゃないのか?」と返答。男性陣から「真面目か!!」、「コメントがじじい」とツッコまれてしまっていた。そんな性格だからか恋愛にはめっぽう疎く、青木からの好意にどう答えるか悩んでいる時も「好きってなんだ?」とぼやいているシーンもあった。しかしその性格から、茶化したり、からかったりすることはなく、真剣に青木と向き合っていくようになる。

 そんな井田を、Snow Man・佐久間は「なんでも真剣に受け止めてくれるし、まっすぐだし。すごいピュアなのよ、心が。それで色んなことを否定しないっていう優しさ(がある)」と表現していたがその通りで、まさに目黒そのもの。例えば、まっすぐでストレートな部分。井田との共通点を「グループのメンバーのいいところを見つけたら、恥ずかしがらずにストレートに伝えようと心掛けているので、その部分にすごく共感できました」(引用元:コミックナタリー「ドラマ「消えた初恋」は10月から!道枝駿佑と目黒蓮が勘違いから恋を始める」)と自身でコメントをしているが、目黒のそういった部分は至るところで見ることができる。

 例えば、2021年1月に放送された連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』の中で、メンバーの向井康二のことを「彼(向井)のすごいところは、いいヤツなんですよ。自分の武器を見つけて、そこを伸ばしていってる。すごいしっかりしてる」とべた褒めしている。それを聞いた向井がカメラに「褒めるでしょ? ずるい」というと、「でも良いところは良いって、近すぎると言えなくなったりするじゃないですか。やっぱ言いたいですよ。言ったほうがいい関係でいられるし」と言葉を続けていた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる