「小説現代」創刊約60年で初めての完売の快挙! 要因はジャニーズWEST中間淳太の登場か

「小説現代」創刊約60年で初めての完売

 小説誌「小説現代」9月号が、創刊60年弱で初めての「完売」となったことを講談社が発表した。全国の書店、そしてネット書店に配本される雑誌が完売することは極めて稀。電子書籍版は引き続き発売されているため、気になる方は電子書籍版でチェックすることができる。

 同誌は1963年に講談社が創刊したエンタメ文芸誌。同号は「令和探偵小説の進化と深化」と題し「探偵小説」を特集した。表紙&インタビューにはジャニーズWESTの中間淳太が登場し、偏愛する三つの探偵小説シリーズや、自身の創作活動について語った。

 また、シリーズ40万部を突破した相沢沙呼の『medium 霊媒探偵城塚翡翠』『invert 城塚翡翠倒叙集』に連なる「城塚翡翠」シリーズ最新作や、紅玉いづきによる人気声優たちの朗読舞台「池袋裏百物語」の原作小説が掲載。さらに、ミステリ界の大きな潮流となっている「特殊設定ミステリ」について、気鋭の作家たちが語り明かした「特殊設定ミステリ座談会」(相沢沙呼/青崎有吾/今村昌弘/斜線堂有紀/似鳥鶏 聞き手:若林踏)も注目を集めた。

 1985年から「小説現代」編集長を務めた宮田昭宏氏(元 講談社文芸局 局長/2005年講談社を退社)は「『小説現代』の完売は、これまで聞いたことがありません。『史上初』と言っていいと思います」と語っている。

 同誌の次号(10月号)は、時代小説ショートショート特集「五分後にホロりと江戸人情」と題し、9月22日に発売される。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる