霜降り明星・せいや、小説に初挑戦 高校時代の経験をもとに構想した『奪われかけた青春をコントで取り返してみた』

『奪われかけた青春をコントで取り返してみた』

 お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが、「読売中高生新聞」(毎週金曜日発行)紙上で、連載小説『奪われかけた青春をコントで取り返してみた』に挑んでいる。

 『M-1グランプリ』優勝、舞台、YouTube、テレビドラマ出演など、マルチに活躍するお笑いコンビ・霜降り明星のせいやが、自身の高校時代の経験をベースに綴る『奪われかけた青春をコントで取り返してみた』。せいやにとって、今回が初めての小説へのチャレンジとなる。紙上では7月23日より11月5日まで全12回の連載がスタートしたところ。なお「ラフ&ピース ニュースマガジン」では「読売中高生新聞」掲載から毎2週間後に追っかけ連載も開始。8月6日に第1話の配信が開始された(https://laughmaga.yoshimoto.co.jp)。

■連載情報
『奪われかけた青春をコントで取り返してみた』
せいや(文)/吉本興業(C)/ワニブックス(執筆協力)
【連載期間】2021年7月23日〜11月5日
「読売中高生新聞」に掲載(毎週金曜日発行)
「ラフ&ピース ニュースマガジン」(「読売中高生新聞」掲載分から毎2週間後に追っかけ連載)

■せいや(霜降り明星)プロフィール
1992年9月13日生まれ。大阪府東大阪市出身。2013年に相方・粗品と「霜降り明星」を結成。2018年には『M-1グランプリ』で大会最年少優勝を果たす。舞台やバラエティ番組で活動する傍ら、ドラマ『テセウスの船』に出演するなど、幅広く活躍している。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる