STU48薮下楓が語る、グループでの思い出と写真集「アイドル活動は今後の人生にとっても大きな学びになった」

STU48薮下楓が語る、グループでの思い出と写真集

 STU48の薮下楓が7月30日、最初で最後となる写真集『さよならの余韻』(玄光社)を発売した。本作は、高校生でSTU48に加入し、20歳で卒業を迎える薮下楓の成長とSTU48での思い出が凝縮された一冊となっている。また初水着に挑戦したほか、衣装やロケ地のリクエストを募集するなど、ファンの声に応えた作品にもなっている。

 STU48の1期生としてグループに加入してから約4年。8月8日に神戸国際会館こくさいホールで開催される「STU48 薮下楓卒業コンサート ~楓がいたこと~」をもってSTU48を卒業し、同時に芸能界も引退する予定だ。グループ卒業と芸能界引退を控えるなかで、薮下楓は本作にどのような想いを込めたのか。STU48での思い出を振り返りながら、語ってもらった。(とり)

【写真】STU48・薮下楓の撮りおろしカットはコチラ

思い出の場所を巡って

――本作は、薮下さんにとって最初で最後の写真集となりました。実際に仕上がったものをご自身で見られてみて、どう感じましたか?

薮下:見返すだけで、「このシーンを撮影しているとき、こんな気持ちだったなぁ」と思い出せるような写真集になりました。笑っているカットを見ると、楽しい気持ちになって思わず笑っちゃいます(笑)。

――まるで撮影であることを忘れているかのように、本気で笑っているカットがたくさんありますね。

薮下:そうなんですよ。思い切り笑っているときの表情はあまり自分でも見る機会がないので、我ながらこんなにも楽しさが伝わる表情があるんだなぁと思いましたね(笑)。

――撮影そのものが楽しかったからこその笑顔なんでしょうか。

薮下:5日間の撮影期間中、ずっと旅行気分でした。スタッフさんもみんな明るい人たちばかりで、ロケバスでもみんなで「お菓子食べよ〜」ってはしゃいで。そんな撮影チームだったからこそ、自然と笑っている写真がたくさん撮れたんだと思います。

――賑やかそうな現場ですね。とはいえ、卒業と芸能界引退を控えた写真集ですし、寂しい気持ちもあったのでは?

薮下:そうですね。特に今回はSTU48での思い出の場所を巡っての撮影だったので、これまでのことを振り返る瞬間も多々ありました。それこそ、本作内で訪れている広島の「未来心の丘」は、AKB48さんの51枚目シングル『ジャーバージャ』のカップリングとして出させていただいた「ペダルと車輪と来た道と」のMV撮影をした場所で。初めてファンの方に集まっていただいて撮ったMVだったこともあり、すごく思い出深いんですよね。

――メンバーもファンもいないなか一人で訪れると、当時とはまた違った景色が見られそうですね。

薮下:はい。足を運んだのは約3年ぶりでしたし、当時は選抜メンバー16人とファンの方もいたので、こんなに広い場所だったんだって思いました。「本当にここで踊ったんだっけ? こんなところに段差なんてあったっけ?」って(笑)。懐かしくも、新鮮でもありましたね。

――他にも思い出の場所に行かれたとのことですが。

薮下:あとは、かき氷屋さん! 「広島でかき氷と言ったらここでしょ」ってくらい有名なお店で、よくメンバーとも通っていたお店なんです。ファンの方からも「あのお店でふうちゃんのこと見かけたよ」ってたびたび言われるくらいお馴染みの場所です。広島で暮らしはじめてから見つけた行きつけのお店だったので、撮影できて嬉しかったです。

――アニメイトで撮られたシーンもあります。

薮下:ここのアニメイトはガチで通っている店舗です(笑)。アニメやゲームが大好きなので、お仕事帰りによく行っていました。何を買うわけでもなく、多いときは週1ペースで「新しいグッズとか出てないかなぁ?」って散策していましたね。なかなか貸し切って撮影もできないと思うので、貴重な体験になりました。そのあとに出てくるゲームセンターは、普通に一般のお客さんがいるなかで撮影をしたんですよ。ゲームをしている学生の横で撮影をするというカオスな体験をしました(笑)。

――このゲームセンターも思い出の場所なんですか?

薮下:いえ、ここははじめて行きました。ゲームが好きと言っても、普段は家でFPSゲームをすることが多いので、ゲームセンターに行く習慣はないんですよね。それで今回はじめてゲームセンターでリズムゲームをやったんですけど、めちゃくちゃ下手でびっくりしました(笑)。たまにとんでもなく上手い人とかいるじゃないですか。本当にすごいことをやっているんだって改めて尊敬した瞬間でしたね(笑)。

写真集に込めたこだわり

――本作の前半にある滴のカットが印象的でした。

薮下:これ、すごいですよね! 葉っぱからしたたる滴がちょうど私の目元にかかっていて。雨があがった直後に急いで撮った一枚なので、本当に自然の滴なんですよ。

――とても美しい瞬間だと思いました。ご自身でお気に入りのカットはどれになりますか?

薮下:いっぱいあるから迷うなぁ。あ、今回初水着を解禁したんですけど、水着姿で海に入っているシーンで「冷てー!」ってはしゃいでいるカットがあって、それが結構お気に入りです。海に入るのが中学生ぶりでテンションもあがっていたので、すごく楽しかったんですよね。めちゃくちゃ走り回りました(笑)。自然体な表情が出ていますし、楽しかった思い出も合わせてお気に入りの一枚ですね。

――今回ファンの方から衣装やロケ地を募集されたと思うんですけど、実際にどのような声をいただいたんですか?

薮下:それこそMVのロケ地に行ってほしいとか、水着姿が見たいとか……。あと、こういう髪型が見たいっていうリクエストも多かったですね。ツインテール派とポニーテール派で半々くらいだったのが意外でしたけど(笑)。STU48に加入してから2年目くらいまではよくツインテールをしていたんですけど、一度髪を切ってからは下ろすことが多くなってしまったので、やっぱり結んでいるのが好きな方も多いんだなぁって。

――最近やられていなかったからこそ、新鮮さもありますしね。

薮下:はい。だから初期のころから応援してくださっている方に懐かしんでもらうために、撮影に向けてずっと髪を伸ばしていました。でも、途中から私のことを好きになってくれた方は「ショートボブの方がふうちゃんらしい」って言ってくださるだろうと思ったので、途中で髪を切っているシーンを入れて、その両方を見せられるようにしました。

――STU48で活動してきた4年間の薮下さんの姿を凝縮した一冊でもあるということですね。

薮下:そうですね。STU48に加入したころ頃はまだ高校生だったから、本作の前半は制服姿で撮ってもらっていますし、もう20歳になったので成長した姿を見てもらうために、後半は素敵なレストランでディナーを食べているシーンが収録されています。今年はコロナで成人式ができなかったので、ちゃんとした20歳のお祝いができなかったんですよ。そういう意味でも、私にとって特別な撮影になりましたね。

――成長を感じる瞬間ですね。それにしても、これだけいいお店だと緊張しそうです。

薮下:めちゃくちゃ緊張しましたよ! スタッフさんたちもみんな小声で喋っていて、そわそわしました(笑)。でも「ふうちゃん大人になったんだね」って思ってもらえるようなカットになったんじゃないかなぁと思います。

――高校生でSTU48に加入して、20歳で卒業。そして芸能界を引退。そうやって流れで本作を見ていくと「さよならの余韻」というタイトルが滲みますね。

薮下:卒業後も私のことを覚えておいてほしいなという願いを込めたタイトルです。秋元先生に付けていただきました。今の自分にぴったりだし、語感もきれいですごく気に入っています。タイトルに込めた願いの通り、また何年か経ったあとにも見返してほしいですね。そのときはぜひ「あのころ、ふうちゃんのことが好きで、応援していたなぁ」って、その気持ちも一緒に思い出してもらえたら嬉しいです。

アイドルになって人に相談できるようになった

――STU48で活動された4年間のなかで薮下さんが学んだことってなんですか?

薮下:人に相談する大切さですかね。もともと何か悩みごとがあっても自分のなかで解決してしまうタイプだったんですよ。でも、STU48に入ってからはメンバーやスタッフさん、ファンの方など、いろんな人と関わる機会が増えて。人それぞれ違った考え方があるんだってことを知って、少しずつ自分から相談できるようになりました。今後の人生にとっても大きな学びになったと思います。

――そうだったんですね。加入前は自分ひとりで抱え込むことが多かったんですか?

薮下:それこそSTU48のオーディションを受けることも家族に相談していませんでした。合格してから家族にはじめて伝えたんですけど、特にお姉ちゃん(元NMB48・薮下柊)がいちばん反対していましたね。家族会議を開いて何度も話し合いをしました。

――お姉さんは先にNMB48でアイドル活動をされていたわけですし、薮下さんにとっても相談しやすい相手だったのでは?

薮下:受かると思っていなかったことと、言っても反対されるだろうなって自分のなかで結論付けてしまっていたので、相談はしなかったですね。お姉ちゃん的には、やっぱり自分がアイドルとしていろんなことを経験しているからこそ、私のことが心配だったんだと思います。「ふうちゃんには、楽しいことだけで生きていってほしい」みたいなことも言われましたから。でも「私も頑張ってみたいんだ」って気持ちを何度も伝えるうちに、家族みんな応援してくれるようになりましたね。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる