『東京卍リベンジャーズ』松野千冬が圧倒的にモテすぎる理由 女性ファンをとりこにする魅力を考察

『東京卍リベンジャーズ』千冬のカッコよさ

 原作単行本はもちろん、実写映画化、アニメ化を経てますます人気を博している『東京リベンジャーズ』。同作には魅力的なキャラクターが数多く存在するが、ここに来て人気をグングン伸ばしているキャラクターがいる。松野千冬だ。その人気は目を見張るものがあり、例えばアニメグッズ専門店「アニメイト」でのグッズランキングでは人気主要キャラであるマイキーを抑えて1位になったこともあるほどだ。なぜ千冬の人気はここまで圧倒的なものになったのだろうか。

 松野千冬は、「東京卍會」壱番隊の副隊長。暴走族に絡まれている時に助けてもらった元壱番隊隊長の場地圭介への尊敬の念は相当で、場地が「芭流覇羅」に入るための“踏み絵”として殴られ続けても抵抗することはなかった。そして喧嘩は決して強くは無いものの、幅広い視野と機転のきいた言動で数々の抗争をかいくぐってきている。「血のハロウィン」を経た後は、武道を見込んで場地の代わりに壱番隊隊長へ任命。以降、武道がタイムリープしていることも理解し、良き相棒として行動を共にしていくことになる。

 そんな千冬の圧倒的人気の要因はどこにあるのだろうか。まず、千冬の「絶妙な立ち位置」が挙げられるのではないだろうか。武道を壱番隊隊長に任命して以降、千冬は絶対的に武道の味方としてサポートしてきた。「血のハロウィン」では大勢の「芭流覇羅」隊員を目にして怯んでいる武道へ、「正面の敵だけ見てろ 相棒」、「背中はオレが守ってやる!」と声をかけて鼓舞したり。千冬が殺されてしまった現代から過去に戻ってきた武道が、タイムリープのことを含めすべてを告白してきた時には、話をすんなり受け入れるとともに「すげぇな オマエ 一人で戦ってたんだろ? 誰も褒めてくんねぇのに」という言葉を送ったり。

 こうして様々な場面で武道をサポートしてきているが、あくまでも「サポート役」。決して出しゃばることはせず、武道のミッションが成功するように行動するという在り方は非常に好感度が高い。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる