『はじめの一歩』の必殺技を現役世界チャンピオンが再現 デンプシーロールは本当に使える?

 これまでデジタル配信されていなかったボクシング漫画『はじめの一歩』が待望の電子書籍化。改めて注目が集まっているが、人気の秘密は人間ドラマと共に、登場する数々の必殺技にある。実際に有名選手が使っていたものや、それをもとにアレンジされた技も多いが、果たして現実に再現できるのだろうか?

 そんな疑問を紐解くことができるのが、昨今人気を博している「格闘家YouTuber」たちが実際に挑戦した動画たちだ。なかでも、WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人選手はこれまで、数々の技について考察している。

 例えば、主人公・幕之内一歩の代表的な技「デンプシーロール」。京口選手はまず、「あれは、実際にいてたジャック・デンプシーが使っていたパンチをなぞったものだと思うんです」とコメント。「実際に、使っている選手は藤猛(ふじ・たけし)さん。サイドに頭を動かして、フックフックという印象がありますね。それと杉田ダイスケさん(WBAサウスアジアスーパーバンタム級王者)も結構使ってますよね」と紹介し、「まぁ、実際デンプシーロールがどうなんかなっていうのはありますよね。僕は使ったことはないので、あれなんですけど、結構スタミナを使う技だとは思います。全力で頭振る動作がしんどいし、フックで空振りしたときにダメージが相当大きい」と語った。

世界チャンピオンが「はじめの一歩」デンプシーロール考察してみた!The Dempsey Roll

 木村達也の必殺ブロー「ドラゴンフィッシュブロー」については、丁寧に一連の動きを説明しつつ、「ただこの技が実際のボクシングで“ドラゴンフィッシュブローとしてあるのか?”と聞かれたら、答えは“ない”です。ただ、下にボディを打って、相手に下を意識させて、右のオーバーを打つということなんです」「これはほんまに身長差があって、リーチのある相手に対する典型的なセオリーです」と解説した。

世界チャンピオンが「はじめの一歩」ドラゴンフィッシュブローを考察してみた!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる