乃木坂46 梅澤美波のグラビアに感じる強さと自信 約5年間の活動を通して得たものとは?

乃木坂46 梅澤美波の強さと自信

 乃木坂46の梅澤美波が、5月12日発売の『週刊少年マガジン』24号の表紙&巻頭グラビアに登場した。

1st写真集が11万部超え

『夢の近く』

 乃木坂46の3期生メンバー、梅澤美波。グループいちの高身長(170cm)を活かし、2019年3月より、ファッション誌『with』の専属モデルも務めている。また、2020年9月には1st写真集『夢の近く』が発売され、オーストラリアのバイロンベイとゴールドコーストを舞台に、初の水着&ランジェリーカットを披露した。乃木坂46屈指のスタイルを誇る梅澤美波の写真集は、現在累計発行部数が11万部を超えるヒットを記録している。

 乃木坂46での活動では、2018年8月に発売された21stシングル『ジコチューで行こう!』の収録曲「空扉」で初のセンターを務め、同年11月に発売された22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』で初のフロントメンバーを務めた。そして初選抜の21stシングルから現在に至るまで、7作連続の選抜入りを果たしている。

梅澤美波の美しさ

 扉から、顔のアップで登場。透き通った白い肌。髪やまつ毛の一本一本までしっかりと見える距離感でもなお美しい。瞳のなかを覗いてみると、大きな窓の向こうに青い空が広がっているのが見える。そこから、梅澤美波のいる場所が、あたたかくて心地よい空間であることが想像できる。忙しなく、やけに生き急いでしまう毎日。一度足を止めて、ゆっくり深呼吸をしてみよう。肩の力を抜いて、ゆっくりと。すると、体の内側からリフレッシュされていくのが分かる。不思議なことに、梅澤美波の存在だけで、そんなふうに心が浄化されたような気になる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「写真集」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる