35歳、子どもなし、セックスレス……悩める女性たちの新たなバイブル『それでも愛を誓いますか?』の魅力

35歳、子どもなし、セックスレス……悩める女性たちの新たなバイブル『それでも愛を誓いますか?』の魅力

 ある日、WEBにも詳しい漫画編集者と話す機会があった。その編集者によると、電子コミックを読む層は30代以上の女性が多いという。電子コミック自体が新しいものだと感じていた私は、意外だと感じた。

女性が直面している問題

 彼女たちは仕事や家事の合間に、スマートフォンの画面を縦にスクロールしてWEB漫画を読む。時に共感を、時に非現実を求めて。コロナ禍により外出しにくくなった今、スマホで漫画を読む人たちはますます増した。

 同年代の女性のリアルに共感したい。ただ、ときめきもほしい。一見相反する望みに見えるが、どちらも漫画業界で働く人たちにとって大切な読者の需要である。

 「リアルとときめきを描いた漫画」と聞くと、すぐに思い浮かぶ作品がある。『それでも愛を誓いますか?』(荻原ケイク/双葉社)だ。電子コミック書店で最新話が出るたびにランキング上位になっている本作は、2020年に単行本化し、現在は既刊4巻、累計100万部を突破した。

 主人公は純須純(すみす・じゅん)、35歳で物語序盤はパート主婦をしていた。彼女は夫と不仲ではない。だが忙しい夫との会話は少なく、セックスレスが長く続いていた。

 そして実家も彼女の苦しみを強める場所だ。20代で父を亡くしたことをきっかけに母は介護が必要な状態になった。施設にいる母に会いに行くたびに、純は憂鬱な気持ちになり、そんな自分に罪悪感を抱く。

 彼女の悩みはミドサー(30代半ば)の女性にとって非常にリアルなものだ。

「子どもがほしいけど、夫がセックスしてくれない」
「もっと夫と話したいけど、彼が自分のために仕事を頑張っているのもわかる」
「施設に入っている母親の介護は、経済的にも精神的にも負担があり、ひとりで解決できない」
「ブランクがあり、再び正社員の仕事を見つけるのが大変だ」

 さまざまな女性が直面している問題だ。それでも純は今の状態を打破し、前進しようとする。まずは派遣社員として、フルタイムで働き始めるのだ。

 純より四つ年上の夫・純須武頼(すみす・たけより)は決して悪人ではない。彼はゼネコン勤務で激務だ。帰っても疲れ果てていて、妻の純と会話する時間もなかなかない。

 しかし純を軽んじているわけではない。純の父が亡くなり母が要介護となってからも、武頼は経済面、そして精神面で、彼女を支えてきた。ただ彼は自分の父親に対するトラウマがあり、自分自身が子どもを持って父になることに踏み切れずにいた。

 そんな中、純は働き始めた会社で23歳の新入社員・真山篤郎(まやま・あつろう)に出会い、武頼は元カノでシングルマザーの足立沙織(あだち・さおり)と偶然再会する。この二人によって、純須夫婦の関係性は徐々に変化する。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる