若者はなぜTikTokにハマるのか? 調査で判明した「Z世代」特有の嗜好

若者はなぜTikTokにハマるのか? 調査で判明した「Z世代」特有の嗜好
原田曜平『Z世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~』 (光文社新書)

 「TikTok、流行ってるらしいけど理由がわからん」と思っている30代以上の人は少なくないだろう。

 しかし2020年にヒットした瑛人の「香水」はTikTok経由でZ世代(今の10代前半~25歳くらいの世代)に話題になり、4~5月にかけて音楽チャートにランクインするなど、マーケティング的にも無視できないものになっている。

 気になる――と思っている人も少なくないだろう。

 それを考えるヒントになるのがTikTok Ads Japanが今年6月に発表した「Z世代白書2020」とこれを元に書かれた原田曜平『Z世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~』 (光文社新書)だ。

 ポイントを3点、紹介していこう。

(1)ウソくさい広告が嫌いだからインフルエンサー未満が好き

 「広告を見るのが好き」という人は広告業界人以外にはなかなかいないだろうが、それにしても世代が下るほど広告を嫌悪する割合は上がる。

 「Z世代白書」では、

「広告臭がする、やらせっぽく感じるものは苦手だ」71.9%
「好きなブランドでも広告っぽいと見たくない」38.5%
「誤魔化しのないリアルなメッセージは信用できる」83.0%
「自分の日常に近い動画・投稿は信用できる」50.2%
「失敗などのネガティブな面がある動画・投稿は信頼できる」49.0%

というアンケート結果が出ており、これらは25歳以上の世代より基本的に高い。

 Z世代はウソくさいものは嫌いで、身近なもの、スレていないものを支持する傾向にある。

 そこに来てTikTokには原田が言うところの「インフルエンサー未満」――世に出始めたばかりのインフルエンサーのことで、フォロワー数もまだものすごくは多くなっておらず、スレていない人たち――が多い。

 Z世代にとっては著名YouTuberなどの企業案件の投稿は信用しづらいものになっており、むしろ一部の人しか知らないTikTokerのほうが信頼できるのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ビジネス」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる