『BLEACH』チャドはなぜ戦い続けたのか? 友との約束が強くする拳

『BLEACH』チャドはなぜ戦い続けたのか? 友との約束が強くする拳

 連載終了から4年が経ってもなお高い人気を誇る久保帯人『BLEACH』。家族を護るために悪霊である虚を退治する死神となった高校生・黒崎一護と、死神、人間、滅却師といった仲間たちとの戦いを描く。

 今回、ピックアップするのは一護のクラスメイトで中学時代からの親友でもある茶渡泰虎だ。

一護を支えていた心優しき戦士

 メキシコのクォーターで、たくましい体、悪そうな奴らとつるんでいるかと思えば学校の成績も良い。寡黙だが心優しい茶渡。一護からは「チャド」と呼ばれている。多くは語らないし、常に一緒に行動しているというわけではないが、一護とチャドは信頼し合っている。

 そんなふたりが共に戦うようになるのは自然な流れのように見えるが、チャドにはもともと特別な能力があったというわけではない。織姫と同じように一護の霊圧に刺激されて、次第にその力を開花させていく。

 そんなチャドの意外な面がかわいいもの好きということだ。初めて虚と出くわすことになったのも、かわいいもの好きがきっかけ。インコを憑代とする子どもの霊を護るため(霊の見えないチャドからすると“よくしゃべるインコ”を護っているという形だが)、見えない敵・虚と戦う。強い腕力、丈夫な身体、恐怖心が鈍いところから虚にも臆することなく攻撃を仕掛けていき、居合わせたルキアを驚かせた。

 人間界ではおそらく桁違いの強さを持っているチャド。しかし、昔からそうだったわけではない。

他人を護るために振るう拳

 両親を早くに亡くしたチャドはメキシコの祖父の元で育てられた。体が大きく(公式プロフィールでは197cmとある)、力も強かったので気に食わないことがあるとすぐに相手を殴り飛ばすという粗暴な子どもだった。

 そんなチャドが変われたのは祖父の存在があったから。乱暴なチャドを叱り、粗暴さをただし、“自分のため”に拳は振るわないと祖父と約束する。目立つ見た目だから絡まれることも多かったが決して応戦しなかった。そんなやられっぱなしのチャドを助けたのが一護だった。自分のために拳は振るわないと、祖父との約束を話すチャドに一護はこう言う。

「オマエは今まで通り 自分のために誰かを殴ったりしなくていい。
その代わり、俺のために殴ってくれ。
俺はオマエのために殴ってやる。
オマエが命かけて守りたいモンなら 俺も命かけて守ってやる」

 交わした男同士の約束。だから、一護がルキアを助けるために尸魂界に乗りこむときも迷うことはなかった。

「一護が命をかけてるんだ。
俺が命をかけるのにそれ以上の理由は必要ない」

 何よりも約束を重んじる。それが茶渡泰虎という男なのだ。それは誰にでもできることではない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる