『異世界食堂』『ダンジョン飯』『幻想グルメ』……なぜ人は“異世界メシ”に惹かれるのか?

『異世界食堂』『ダンジョン飯』『幻想グルメ』……なぜ人は“異世界メシ”に惹かれるのか?

 なろう系をはじめとするここ10年くらいの異世界ファンタジーもののなかにも、メシ・グルメ・料理ものは少なくない。

 これらを読んでいると、フィクションで食ものを楽しむという行為がとても不思議なものに感じられてくる。

現実世界の料理を異世界人が楽しむ『異世界食堂』『異世界居酒屋「のぶ」』

 異世界メシと言っても大きく分けると2パターンある。ひとつは現実世界にある料理を異世界の人間や亜人、その他生物が食べて楽しむもの。もうひとつは、現実世界には存在しないドラゴンの肉などの食材を使った料理を食べるものだ。

 まずは前者から紹介しよう。

 『異世界食堂』と『異世界居酒屋「のぶ」』はどちらもTVアニメ化されている人気作。『のぶ』はWOWOWで実写ドラマ化(!)もされている。

 犬塚惇平『異世界食堂』は2013年から小説化になろうに投稿され、15年からヒーロー文庫より刊行、16年からコミカライズされ、17年にTVアニメ化。土曜日にだけ異世界とつながる洋食屋「ねこや」を舞台に、異世界からの客たちとの交流を描く。主要登場キャラはココア、チキンカレー、ロースカツ定食が好きで、常連客はメンチカツ、エビフライ、ビーフシチューなどとお気に入りメニューで名前を呼ばれるのがおもしろいところだ。中世ヨーロッパ風ファンタジー世界の住人(人間だけでなくエルフやドワーフもいる)が日本的な洋食を好んで食べる。

 蝉川夏哉『異世界居酒屋「のぶ」』は、なろうで12年から連載開始、14年から宝島社より刊行、15年からコミカライズされ、18年にTVアニメ化、20年にはWOWOWプライムで品川ヒロシ監督によってドラマ化された。寂れた商店街にある居酒屋「のぶ」は異世界と通じており、異世界人が訪れる。居酒屋だけあってこちらはおでんのような和食も頻繁に登場。生魚を食べると危険だと思われている異世界で、刺身を食べるか食べないかで呻吟したあげく一口食べたら箸も日本酒も止まらなくなる、といったエピソードがほほえましく、あたたかい作品だ。

 アニメ版ではアニメが終わったあとに作中に登場した料理を再現・アレンジしたり、なぎら健壱が実在の店を食べ歩いたりする実写バラエティ番組とセットになっていて、なろう作品がなぎら健壱と邂逅するとは……と驚かされた。

 こちらは実在する、普通においしいものを作中でも食べているので良いのだ。

 考えてしまうのは、非実在食材グルメもののほうだ。

現実に存在しない食材を使う『ダンジョン飯』『幻想グルメ』『とんでもスキルで異世界放浪メシ』

 一番有名なのは九井諒子のマンガ『ダンジョン飯』だろう。異世界ファンタジーでダンジョンに潜っていったキャラクターたちがスライム、マンドラゴラ、バジリスク、ゴーレム……等々を調理して食べる。レシピも載せる。時にまずかったりもする。

 こういうファンタジー動植物を食べる作品はほかにもある。

 たとえば天那光汰『幻想グルメ』は16年からなろうで連載開始、同年コミカライズも刊行開始(小説の書籍化はされていない)したもので、異世界転生した主人公がグルメ旅行をする話。やはり竜の秘宝と呼ばれる水の実を食べたりする。

 また、江口連『とんでもスキルで異世界放浪メシ』は16年になろうで連載開始され同年書籍化、17年にコミカライズ開始してシリーズ累計180万部以上のヒットに。これは現代日本に生きるサラリーマン向田(ムコーダ)が異世界の王に召喚され、固有スキル「ネットスーパー」を使って元の世界から商品を取り寄せができ、食べるとステータスが一定時間アップする。これを使ってつくったレッドボアの生姜焼きの匂いに釣られたフェンリルに獣魔契約を結ばされ、仲間にしたスライムのスイらとともにビュビュッとモンスターを退治して食材にし、ネットスーパーで調達したコンロ等を使い、調味料で味付けしてグルメ旅を続ける。

 メシものではないが、2020年1月からTVアニメ化されている馬場翁『蜘蛛ですが、何か?』では女子高生が蜘蛛に異世界転生してその世界の蜘蛛やシカ、猿らしき生きものなどと戦って倒し、「まずい」と言いながらも食べて成長していく話だ(バカでかいナマズなんかはおいしいらしい)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる